(NPO)氷河・雪氷圏環境研究舎

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報”南極温暖化?;鳥取大雪、高温予報;Web辞典;桜満開;飛花粉;北極氷河サージ;氷ノ山大山積雪”

<<   作成日時 : 2007/03/22 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

*投稿日:09.1.26〜4.25
ふたたび、「南極は温暖化しているか?」 

           成瀬廉二、2009/01/26(Mon)、No.1763

画像


 1.22付け朝日新聞の社会面に、「全南極やっぱり温暖化」(50年分データ 米チーム解析)―「半島だけ」定説覆す―、という記事が載った。筆者は、南極越冬経験者の中山由美記者である。

 南極の近年の気候変化傾向については、本サイトNo.1687「南極は温暖化? 寒冷化?」(2008.7.6付)に、Chapman & Walsh (2007)の論文等をもとに解説した。その要点は、過去半世紀間、西南極の南極半島は著しく温暖化、一方東南極は変化なし又はやや寒冷化というものであった。

 朝日の記事は、この従来の定説を覆す論文が1.22発行のNatureにて発表される、ということであった。さっそくNatureの電子版を取り寄せ、さーっと読んだ。その論文は、
Warming of the Antarctic ice-sheet surface since the 1957 International Geophysical Year. by E. J. Steig and others. Nature Vol. 457 (22 January 2009), 459-463.
である。要点は以下のようなものである。

 従来の説は、地上の観測基地の気象観測データに基づいている。長期データのある観測基地は、2箇所を除いて、全て南極氷床周辺の沿岸にある。したがって、南極全体の傾向を示していない。そのため、本論文は、人工衛星から赤外放射測定による氷床表面温度データ、および42の観測基地と65の無人気象観測点の気温データを詳細に、解析した。

画像


 その結果が、添付の図(Figure 2)である。縦軸は年平均気温の偏差、上の図が東南極の平均、下の図が西南極の平均である。黒い実線が赤外線による表面温度、黒い点線が無人観測による気温である。両者はかなり良く一致している。赤線が過去50年間の変化トレンドである。すなわち、東南極では50年間に約0.50度C、西南極では50年間に約0.85度C上昇した。

 人工衛星データの統計的解析手法と、気候モデルを用いた温暖化の要因の考察は私には理解できないが、論文の結論から言うと、「やっぱり」とは思わないが、「全南極が温暖化」ということは確からしい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本当に温暖化? 

                中山由美、2009/01/31(Sat)、No.1764

 朝日新聞の中山由美です。記事を話題にしていただきましてありがとうございます。

 45次隊南極観測隊に同行し、帰国してから各地で講演をしてきました。いつも会場でよく聞かれるのは「南極は温暖化しているのですか?」という質問です。その問いに「南極半島は温暖化しています」と明言する一方、「大陸全体でははっきりした兆候は見えないようです」などと答えてきました。

 今回の論文のように、科学誌で南極大陸全体の温暖化を明言するものは目新しく、研究者の方々にご丁寧な助言をいただきながら記事にしました。それでも疑問はまだ残っています。実測できるポイントが極めて限られている南極大陸で50年分の気温をどう分析して導き出したか−−。

 素人ながらに気になるのは、
@衛星データでとれる氷表面温度を気温に置き換える手法、風の少ない内陸とカタバ風の強い沿岸斜面など場所によって条件も違っていそうだが……?
A衛星データがあるのは最近の25年で、その前の25年分はどう計算して導き出すか……など、その計算式と解析手法こそが、彼らの腕の見せどころなのでしょうが、係数や条件がわずかにずれれば、また違う結果が出るのでしょう。

 50年間をみた温暖化といっても「10年あたりで0.12度」という小さな値。ほかの研究チームがそれぞれの手法で分析してみたら、どんな結果になるか、とても気になります。”熱い”議論を戦わせるような研究・分析結果が続くことを期待しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re: 本当に温暖化? 

                 成瀬廉二、2009/02/02(Mon) 、No.1766

 記事を書いた中山さんからコメントをいただき、ありがとうございました。

 私も、中山さん同様、いろいろな点で疑問を抱いています。まず、朝日の記事を読んだときは、赤外放射温度がこんなに精度、信頼度があるのか、ということです。20-30年前だったか、携帯用の放射温度計が比較的安価で手に入るようになったとき、雪面の温度を測ってみると+−2度C位の精度だったような記憶です。人工衛星データや放射温度に関しては、専門家(わがNPO氷河の会員にもいます)からのコメントが欲しいですね。

 次に論文を読んだとき。無人気象観測は、世界中の高山や氷河や極地で行われてきていますが、センサーへの着氷や着雪、また温度計の通風不調、電池の電力低下、等々さまざまなトラブルが繰り返されてきています。それを、どうやって「良いデータ」だけをとりだしたのか、などです。

 中山さん指摘の衛星データの期間については気がつきませんでした。調べてみたら、スプートニク1号の打ち上げが1957年。しかし、この論文のFig.2の太い実線(人工衛星データを用いた復元)は国際地球観測年(1957年)から描かれている。「復元」も少しやりすぎ、という気がします。

 しかしながら、国際的な一流科学雑誌に掲載されたこの論文は、複数の専門家の査読と評価を経ているので、よほど反論の根拠と証拠がある場合以外は、結果を認めざるを得ません。それ故、前回の投稿で、「”全南極が温暖化”ということは確からしい。」と述べたのですが、「”やっぱり”とは思わないが」とつけ加えたところに私の気持ちが込められているのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

雪の観察会に! 

                  市谷年弘、2009/02/02(Mon)、No.1765

きのうの日曜日は、雪の観察会が若桜町で行われました。。

わたしは風邪をひいていたので・・残念ながら不参加で、今日も
まだ風邪が十分治っていないので、パン屋のしごともお休みをい
ただいて休養しております。パンに風邪菌が付いたらいけないの
も休んでい理由です。。。

さて、わたしの代わりに母が雪の観察
会にいったときの写真を添付します。
画像

                 写真:ブルーレットで着色し、雪の性質を観察中

ˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆˆ

1月の鳥取は8年ぶりの大雪 

                   成瀬廉二、2009/02/09(Mon)、 No.1767

 気象庁発表によると、2009年1月の日本の天候は、*北日本は顕著な高温、*北・東日本の日本海側で降雪はかなり少ない、というものであった。しかし、西日本の日本海側(すなわち山陰地方)では、例年に比べて気温はやや低く、降雪量はかなり多かった。

 ある年、又はある月の雪の多さを示す指標として、最も単純な最深積雪(最大積雪深)と、気象台が発表でよく使う降雪の深さ(降った雪の深さの合計)がある。両者はそれぞれに意味があるが、雪が降ったり融けたりする温暖積雪地域では、雪が積もっている期間の長さ、が生活実感としては重要な要素だと感じる。

 そこで、鳥取地方気象台のデータから、積雪があった(日最大積雪深が0cm以上の)日数を調べてみた。その結果2009年1月は計24日あり、2001年の22日、1995年の23日と並んで非常に多かった。1月の最大積雪深は、今年は29cm、2001年は37cm、1995年は82cm(豪雪)であった。

 以上を総合的に眺めると、今年1月の鳥取は2001年以来、8年ぶりの大雪であったと言えよう。 (写真:2009.1.29、鳥取市内の公園)
画像

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

きのうがスギ花粉初観測日でした 

                   市谷年弘、2009/02/14(Sat)、 No.1768

きのう目がかゆいとおもったら ....

きのうは、春一番で南風が強く、その方向にあるスギ林から風に乗ってスギ花粉が飛んできました。
花粉初観測日でした。例年より10日早かったです。

画像

            写真は、今年鳥取で初観測されたスギ花粉の顕微鏡写真です。。。

〜〜〜〜〜〜〜

高温予報 

                     成瀬廉二、2009/02/24(Tue) 、No.1769

 2月も半ばを過ぎて寒さは峠を越した感があり、春を待つ心もあって、これからの予報はどうなっているのだろうかと、気象庁のホームページを繰ってみた。

 季節予報、週間天気予報と並んで、「異常天候早期警戒情報」なる恐ろしい予報が目にとまった。

 2月20日発表、24日修正の同警戒情報は、「3月4日頃からの約1週間、北海道と北陸を除く全日本列島にて、平均気温が“かなり高い”確率が30%以上である。農作物の管理等に注意してください」とあった。

 すぐには、この意味が理解できなかった。つまり、裏返せば、気温が“かなり高くない”確率は70%近くある、ということになる。そこで、同HPの解説を読むと、気温が“かなり高い”とは、過去30年間で出現率が10%以下の高温な天候と定めている。

 中国地方では、この季節の“かなり高い”は、7日間の平均気温が平年(30年平均)より2.3度C高いことを指すそうである。このような高温が30%以上の確率で起こるということは、「めったにない程度の高温が3分の1の確率で起こる」ということである。

 この予報が当たれば、西日本は、来週から一気に本格的な春となる。(写真: 09.2.22、醍醐)

画像


ˆˆˆˆˆ〜〜〜〜〜〜

高温情報解除? 修正? 

                   成瀬廉二、2009/03/03(Tue)、No.1770

 明日4日から“異常に”暖かくなるはずなのだが、昨日(写真:3/2大山)も今日も鳥取は雪がぱらつき、一向にその気配が見えない。
画像


 そこで、今日発表の異常天候早期警戒情報を見たら、「3月8〜17日、北海道と東北の北部にて、気温が“かなり高い”確率が30%以上」と変っていた。その他の東日本と西日本の全域は「“かなり高い”確率が低くなりました」そうで、つまり平年並みということらしい。

 「確率が低くなった」ということでさらりと片付けられ、拍子抜けの感がするけど、そもそも気象予測には不確定要素が多く、確率の高さで示す以外にはなく、その数値も日々変化し得るので、そう思って予報を聞く(見る)ものだとあらためて痛感した次第である。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

インタビュー記事 

                  松岡健一、2009/03/10(Tue)、 No.1772

ご無沙汰しております、ワシントン大学の松岡です。最近は11月から12月にかけてベルギー隊の一環で南極に出かけたり、今は別の観測でアイスランドに来たりと、現場に出かけることが多くなっています。

ワシントン大学と日本語で書くとややこしいのですが、アメリカにはUniversity of WashingtonとWashington Universityがあります。前者は西海岸ワシントン州の州立大学、後者は中東部ミズーリ州にある私立大学です。(ちなみに首都Wahsington DCにはWashingtonと名のつく大学はありません)私の所属は前者のシアトルのワシントン大学なのですが、そのシアトルにある日本人コミュニティー向けのホームページにインタビュー記事を掲載して頂きました。氷の話や研究者の生活の様子が書かれています。宜しければ、URLのリンクからどうぞ。

アイスランドでの観測は、有名なBreida氷河で春先の氷河流動のスピードアップ前後の様子をGPSとレーダで観測するものですが、生憎、チェックインした荷物がどこかで行方不明になり、レイキャビックで待機中です。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『氷河・雪氷圏ミニ辞典』(3rd Edition)刊行

                   成瀬廉二、2009/03/13(Fri) 、No.1773

 NPO氷河のWeb辞典『氷河・雪氷圏ミニ辞典』は、本年正月から大幅な改訂・増補の編集作業を続けてきましたが、3月12日付で(第3版)が完成しました。

 収録項目数は、第2版の92項目に49個を追加し計141項目に、写真は、第2版の39景に88枚を追加し計127景となりました。

 インターネットで調べれば、大抵の用語は何らかの解説に出会うことでしょうが、我がウェブ辞典は、日本のその分野の第一線の研究者が覆面やニックネームではなく氏名を明記して執筆しているので、記述内容の信頼性の高さには自負するものがあります。

 また、可能な限り多くの項目にカラー写真をつけることを目指した結果、141項目に127景となり、これは冊子体の辞典ではなかなか実現できないことで、ウェブ解説書の大きな有利点です。

 なお、目下執筆中の項目がさらに10数項ありますので、編集完了後、第3版の補追として順次追加する予定です。また、従来も今後も、NPO氷河の会員や非会員からの疑問、コメントに応じ、適宜、修正、加筆、写真交換などを行っています。こういうことが、ほぼ即座に実行できることが、ウェブ辞典の強みでもあります。

画像

 写真は2008年のサージ活動中のスバールバル諸島コンフォートレス氷河(「サージ」の項目参照)。現在もまだサージが続いている。[写真および情報提供: Monica Sund, University Centre in Svalbard]

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳥取、サクラ開花 

                     成瀬廉二、2009/03/23(Mon)、No.1777

 昨(22)日、鳥取のサクラが開花した(花が5,6輪咲いた状態:鳥取気象台発表)。写真は、今日の「植物季節観測用標本」(久松公園)の状況である。
画像


 今年の開花は平年より11日も早く、1953年の統計開始以降、2002年と並んで最速タイである。メディア等で温暖化の影響と示唆されている。

 今年の開花が'異常に'早かった原因が、今冬を通して気温が高かったことにあるのなら、毎週のように更新される開花予想に反映されるはずである。3月18日発表の開花予想は、気象台、気象協会とも、鳥取は25日だった。ところが、実際は22日に開花したので、18-21日の高温が大きな影響を与えたのであろう。

 すなわち、開花日や満開日は、冬季間とか3月とかの平均気温と深い関係はあるだろうが、直前の短期的な気象条件にも大きく作用されることを示している。このような植物の季節変化は気候の指標として有効だが、必ずしも過去のある期間の平均的状況のみを反映するわけではない、ということが分る。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サクラ満開日、平年なみか? 

                       成瀬廉二、2009/04/05(Sun)、No.1778

 気象庁発表や新聞記事の後追いばかりでは能がないので、今日は少し予想をしてみよう。

 鳥取城址(久松公園)のサクラを見て回ると、個体差とちょっとした日当たりの加減で、咲き具合が大きく異なることにあらためて気がついた。写真(5日、16時30分)のように、ほぼ満開から咲き始めとが隣接している。
画像


 気象台では、標本木で開花とか満開を判定している。しかし、花見とか行楽客にとっては、平均的な状態の方が役立つ情報であろう。

 私の観察による本日夕方の平均値は五分咲きである。明日以降は暖かそうなので、久松公園の満開(花芽の8割以上が開いた状態を言うそうである)は、あと2、3日後かな、と思う。そうすると4月8日となり、気象台統計の鳥取のサクラ満開の平年日とピタリと一致してしまう。

 今年は平年より11日も早く開花して、過去半世紀の内で最も早い、とのことだった。しかし、開花後は寒い日が続き、結局は平年並み、ということになりそうである。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜

満開 

                      成瀬廉二、2009/04/08(Wed)、No.1779

画像

 今日(8日)は、どの樹を誰が判定しても満開です。
 (写真は本日17時、鳥取城址)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヒノキ科花粉が飛散期に! 投稿者:市谷年弘、2009/04/10(Fri)、 No.1781

 ここ数週間前は、スギ花粉の飛散は、おさまっていたが、、、、ここ数日前からヒノキ科花粉の飛散量が多くなりました(写真:ヒノキ科花粉の光学顕微鏡写真)。

画像

 ヒノキ科花粉の飛散の少ない鳥取市でも24時間、1cuあたり5.9個と観測されています(本日の観測で)。

 そのころから、倦怠感や鼻づまりやくしゃみの頻度が多くなり、
 わたしもたいへんな状態です(><)。
 なんとかんならないか?!この季節!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スピッツベルゲン島で氷河のサージ発生

               成瀬廉二、2009/04/11(Sat)、 No.1782

画像


 地球最北の大学The University Centre in Svalbard(スバールバル諸島ロングイヤーベーン)で氷河サージ(surge)の研究一筋のPh.D.院生Monica Sund から寄せられたニュースである。

 スバールバル諸島スピッツベルゲン島のナソーストブリーン(Nathorstbreen)氷河が、2008/09年の冬季、前進を開始し、サージ期に入ったそうである。このサージの今後の展開をモニターするため、M. Sundは氷河を見下ろす山の上に無人カメラを設置した。

 写真は、その時(2009年4月)の氷河の様子で、氷河全域に激しくクレバスが形成されていることが分る。

 サージ(『氷河・雪氷圏ミニ辞典』参照)は非常に珍しい現象というわけではないが、ふつうは人目に触れない山奥で発生しているので、サージの期間(1年〜数年)を通して観測を続けた研究例はそんなに多くはない。

(Photo: Nathorstbreen in April 2009, by courtesy of Monica Sund)

〜〜〜〜〜〜

氷ノ山における2008/09年冬季の積雪深推移

                  成瀬廉二、2009/04/24(Fri)、No.1783

 昨(2008)年10月下旬、鳥取県若桜町氷ノ山の中腹(標高850 m)に高さ3.5 mの雪尺を設置した(本欄11/1付、No.1721)。その後、初積雪の11月19日から完全消雪(4月)まで、氷ノ山自然ふれあい館(響の森)のスタッフ(専門:生物)岡田珠美さんにより、閉館日を除き毎日1回の測定が行われた。

画像


 積雪がゼロとならないで継続する「根雪(ねゆき)」開始の12月22日から根雪終了の3月15日までの積雪深変化を図に示す(測定値を結ぶ線が途切れている期間は、閉館日のため欠測)。合わせて、鳥取市街地に設置した雪尺の測定結果(赤)も示した。氷ノ山は常に鳥取市街の5倍以上であった。横軸は、2008年12月22日からの日数(右端は100日)、縦軸は積雪深(上端は250cm)を示す。

 氷ノ山では過去の年の積雪深データがないので、今冬の雪の降り方の特徴については何も言えない。しかし、今冬の経過を全般的に見ると、積雪深は増えたり減ったりしながら最大積雪に達し、その後も増えたり減ったりしながら消雪に向かっている。この一山の分布形は、一見すると北海道などの寒冷地の積雪深変化図とあまり相違がない。

 しかし、寒冷地では、新雪が積もったのち数日間は、新雪層が縮むことによって積雪深が減少する。一方、鳥取県のような暖地では、厳冬期(1、2月)の氷ノ山でも、降雪時以外は日中プラスの気温が多く、新雪層が融けることによって積雪深が減少している。
画像


 なお、同地域のスキー場発表の積雪深と比較すると、スキー場の方が常に30 cmから80 cm多かった。この差異は、場所の違いによるものか、別な要因があるのかは分らない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大山における2008/2009冬季の積積雪深推移

                   山口悟 、2009/04/25(Sat)、 No.1787

 成瀬先生が、氷ノ山の今冬の積雪深を紹介しているのでそれに便乗した話題提供です。

 記事No.1742でも紹介しましたが大山鏡ヶ成に防災科研の観測点(標高は875m)があります。そこの今冬朝9時の積雪深を載せたものがpdfファイルの図1です。図1には1994/05冬期〜2003/2004冬期までの10冬期分の平均のデータと、記録的暖冬といわれた2006/2007冬期のデータも載せています。

 今冬の大山鏡ヶ成の雪は12月までは、10年平均よりも少なく経過していましたが、1月に入ると急激に積雪深が増加し、1月中旬の時点で10年平均の2倍近い積雪深になりました。これは成瀬先生が記事No.1767で書いているように、1月の鳥取は、例年に比べて気温はやや低く降雪量はかなり多かったためです。その後はあまり積雪深の増加が見られず4/10過ぎに消雪しました。積雪深の変化の様子は基本的に大山と氷ノ山では、変わらないようです。

 では、最近の冬の中では、今年の大山の雪は多かったのでしょうか?少なかったのでしょうか?それを示したのがpdfファイルの図2です。図2では、大山だけではなく、防災科研が日本各地の山に設置している観測点で得られた最大積雪深の経年変化も一緒に示しています。なお、それぞれの記号は、GS:月山志津、OM:奥只見丸山、MS:妙高笹ヶ峰、HS:白山白峰、DK:大山鏡ヶ成を示しています。今冬特徴的なのは、大山鏡ヶ成をのぞくほかの地点では、最大積雪深が平年と比べて非常に小さかったということです。特に奥只見丸山では、1989/1990に観測を開始して以来、過去最低だったことがわかります。一方、大山鏡ヶ成は、ほぼ平年並みとなりました。これは先に書きましたが、山陰では1月は、例年に比べて気温はやや低く降雪量はかなり多かった影響です。

 このように、一口で山地の雪といっても、同じ冬であったとしても場所場所によって変動が異なります。

 



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
情報”南極温暖化?;鳥取大雪、高温予報;Web辞典;桜満開;飛花粉;北極氷河サージ;氷ノ山大山積雪” (NPO)氷河・雪氷圏環境研究舎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる