桜、少雪、暖冬、光都、余部鉄橋、六甲山、土砂崩れ、東条湖、砂オアシス、山陰GP歩道、島根森、南極展、白蛙、日本橋

  [写真:大山(淀江町から)、2019.2.24] 鳥取、桜開花  投稿日:2019/03/27、No.525  鳥取地方気象台は昨(26)日、「鳥取で『さくらの開花』を観測しました」と発表した。気象台の桜開花の定義は、ソメイヨシノの標本木にて5~6輪が開花した最初の日、としている。  今年の鳥取市の開花日は平年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中米の旅 (1)-(16):メキシコ・ベリーズ・キューバ紀行

 [Photo: ベリーズ・シティ沖合いの珊瑚礁の島(アンバーグリース・キー)]  今回の旅(2019年2月5日~16日)の行き先は、中部アメリカ(Middle America:中米)とカリブの一部地域である。 『(1) ユカタン半島』   5年前の2014年1~2月、パナマ、コスタリカ、メキシコの3か国を訪れた。パナマではパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州縦断の旅

 [投稿日:2018.12.31~2019.1.31] 『(1) 小倉へ』  去る(2018年)12月初旬に熊本で開かれた会合に出席するついでに足を伸ばし、九州をほぼ南北に縦断する旅行をした。  2年前の同時期には、瀬戸内海フェリーと自家用車による、神戸-大分-阿蘇-熊本-島原-長崎-門司-神戸と、全9日間の九州横断の旅だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『南極の自然』へ高校生所感;2019新年;砂丘オアシス;砂美術館

 本(2018)年10月、鳥取の県立高校にて『南極の自然と越冬隊の活動』と題して講演を行った。1年から3年までの全校生徒583名と教職員等の計600名ほどが体育館に集まった。  大学の講義では、大教室の場合でも100名以下、また私たちのような中小規模のNPO法人が主催するシンポジウムや講演会では、40人が集まればまずは目標クリア、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦津渓谷、米子城跡、六甲高山植物園、三平山、大山横手道

紅葉の芦津渓谷セラピーロード (投稿:2018年11月 13日)  智頭町の芦津渓谷に、かつてのトロッコ道を利用した遊歩道があり、平坦で歩きやすく、セラピーロードと銘打ち、地元では森林セラピー(療法)の普及に力を入れている。  片道1.3kmの中国自然歩道コースは、渓谷の左岸側に設けられており、歩きながら、または立ち止まって、足下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO氷河 理事会・総会;氷河代表交代;ウェブ復旧

 (Photo: 東御苑旧二の丸) NPO氷河・雪氷圏環境研究舎 理事会 (報告) 1.日時:2018年10月17日(水)、19:25~19:30 (総会を一時休憩し、同室にて開催) 2.場所:レストラン「アラスカ」会議室(東京都千代田区一ツ橋) 3.出席者:7名(成瀬廉二、亀田貴雄、横山宏太郎、森淳子、竹内望、杉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西日本2018年7月豪雨災害 (1)~(7)

(1) 鳥取7月豪雨    (投稿日:2018/07/27) (2) 千代川越水(智頭町) (3) 氾濫・洪水(倉敷市真備町) (4) 小田川決壊(真備町) (5) 土砂災害(呉市安浦町) (6) 泥流の氾濫(呉市天応町) (7)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス・アルプスの旅 (1)-(13)

 (投稿日:2018/07/13~08/21)                [Photo] アレッチ氷河(2018.7.7) (1) *はじめに*  スイスには今までに3回行ったことがある。いずれも国際研究集会に出席した後、研究打ち合わせとか氷河予察などの名目で、個人的な旅行をしたものだった。  1987年は、ドイツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタゴニア氷河50周年、探検かトレッキングか?

  (Photo) パンパ・デ・ニエベ氷河にて、調査メンバーと開拓牧場主+犬(1967年2月) パタゴニア氷河研究50周年 投稿日:2018/06/07、No.451  「4大学パタゴニア氷河探検50周年およびパタゴニア氷河研究計画35周年記念」シンポジウムとパーティー『パタゴニアの氷河を語る』が、6月4日(月)、東京千代田区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極冒険、南極OB会、ふじ、氷海ビセット、宗谷

冒険家、徒歩で南極点到達                                      投稿日:2018/01/11、No.418  南極大陸の海岸から南極点まで1130 kmの単独無補給歩行に挑んでいた冒険家の荻田泰永氏が、1月5日、南極点に到達したとのニュースが報じられた。出発から丁度50日目である。  実は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶滅昆虫、布引ダム、命名権、鳥海山水、登山電車、考古館、科学館、入試ムーミン

砂丘に絶滅危機の昆虫保護区域                            投稿日:2018/04/15、No.440   鳥取砂丘に生息する希少な昆虫エリザハンミョウを保護するため、鳥取砂丘再生会議と環境省は、4月11日、オアシス周辺の営巣地にロープの囲いを設置した。  この保護区域は、巣穴に適する湿った砂地の80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埋没林、日本の庭園、梅開花、三木山森林、ブナ豊凶、桜満開、砂丘の野草、天然林、ナラ枯れ

三瓶山の埋没林                          投稿日:2018/02/20、No.428  埋没林とは、火山噴火にともなう火山灰や溶岩流、また土石流、地すべり等による土砂堆積、あるいは海面上昇の結果、土中や水中に埋もれた森林のことを言う。  埋没林または化石林と呼ばれている所は全国で約40か所あるそうで、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樗谿の池、2018新年、2017天候、寒波、積雪(鳥取)、奥大山、寒さ、北極暖冬

樗谿の大宮池、復元                     投稿日:2017/12/22、No.413  鳥取市街の北東、樗谿(おうちだに)公園から坂道を数分歩くと大宮池がある。元来は砂防が目的の人造池であるが、池の畔には原生林が繁茂し、四季折々、山奥の静かな池の雰囲気を醸している(写真:2017.11.14)。  この池の際を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噴石雪崩、シェルター、活火山、スラッシュ雪崩、防災体験施設

草津、噴石落下による雪崩                            投稿日:2018/01/26、No.422  1月23日午前10時頃、群馬県草津町の本白根山(2171 m)が噴火した。  同日昼から夕方にかけてテレビ各局のニュースで、自衛隊からの情報として「10時25分ごろ、草津国際スキー場の振子沢コースで雪崩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三段峡、とびしま海道、孫三瓶山、レンズ雲、沼津、博物館で写真

三段峡ハイキング                        投稿日:2017/12/01、No.408  11月5日、広島市の北西約50 km、島根県との県境に近い安芸太田町の三段峡へ向かった。広島県では、県北東部の帝釈峡と並び渓谷美を争い、優れた景勝地との位置づけであった。紅葉の盛りの中、ハイキングを目的とした。  三段峡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極観測隊報告会、南極OB会、「しらせ」早い接岸

第57次南極越冬隊報告会                                投稿日:2017/04/17、No.348  第57次南極越冬隊(2015-17年)および第58次夏隊(2016-17年)の帰国報告・歓迎会が、4月11日、港区信濃町にて開催され、南極観測を推進・支援・協力する関係者等100余名が出席した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千代川氾濫危険、大正鳥取大洪水

千代川氾濫危険にせまる(9.17夜~未明)                     投稿日:2017/09/20、No.390  台風18号の影響を受け、鳥取では9月17日(日)夕方から雨が降り出し、雨が強くなった18時~23時の5時間降水量は128 mm(鳥取地方気象台)におよんだ。  その結果、鳥取平野の中央を流れる千代川の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南ドイツとチェコの旅 (1-9)

  (Photo: Neuschwanstein Castle) (1) ミュンヘン へ  投稿日:2017/10/19、No.396  2017年10月11日朝、鳥取を発って羽田で乗り継ぎ、同夕ミュンヘンへ着いた。南ドイツ・バイエルン地方の10月は初秋かと思っていたが、朝夕の寒暖が著しく、街行く人々にはTシャツ姿から冬のコートま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏡ヶ成ハイク、岡山森林、八雲風穴、駒の尾軽登山、十日町雪氷大会

鏡ヶ成と蝶                    投稿日:2017/08/13、No.381  涼を求めて、去る7月30日、奥大山の鏡ヶ成(標高920 m)に出かけた。  鏡ヶ成は、大山山塊の南側、烏ヶ山(1448 m)、象山(1085 m)、擬宝珠山(ぎぼしやま、1110 m)に囲まれた盆地状高原の園地である。写真は。鬼女台よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北・東カナダの旅 (1-9)

    (Photo: Miles Canyon, the Yukon River) (1) 序        投稿日:2017/07/13、No.370  カナダには、15年~40年前、氷河関係のシンポジウムや会合、あるいは氷河の予備調査のために3回行ったことがある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三陸海岸 津波被災地 (1)~(6)

(1) ローカル線の旅                          投稿日:2017/05/24、No.358  学生時代には年に2回ほど、北海道と東京(または関西)を列車(旧国鉄)で往復した。その際、時には経路を少し変えたり、途中下車をしたりしたものである。  しかし、東北地方の太平洋岸(三陸海岸)は、一度も通ったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽駒ヶ岳、千畳敷カール、北八ヶ岳

 残雪の木曽山脈                投稿日:2017/06/19、No.366  長野県の中央部を南北(または南南西~北北東)に約100 km伸びる山並みが木曽山脈である。通称または俗称を中央アルプスという。  Photo:木曽駒ヶ岳千畳敷カール(2017.6.10)  霧ヶ峰へ行くのは2回目なので、その往復はなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂丘オアシス、大山残雪、鳥取県の大雪、北の丸露場、流し雛

砂丘オアシス拡大                     投稿日:2017/03/11、No.340  鳥取砂丘の「オアシス」が例年よりも大きく成長している(写真:3月9日11時)。  オアシス(oasis)とは、砂漠の中で、水が湧き、草木が茂り、条件によっては農耕や集落が発達することもある場所のことだが、鳥取砂丘の「オアシス」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取地震2016、鳥取大雪2017、大山雪、那須雪崩、1994十勝雪崩

鳥取市 震度5強                     投稿日:2016/10/22、No.295  昨(21)日14:07、鳥取県中部(三朝温泉付近)を震源とする内陸直下型のマグニチュード6.6の地震が発生した。  そのとき私は自宅の居間で、昼食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州9日間の旅 (別府、宇佐、阿蘇山、熊本、島原、雲仙岳、長崎、小倉)

 Photo: 南阿蘇村から見た阿蘇連山(2016.12.2).右端の急峻な岩峰は根子岳(1433 m)、その左の高い山が高岳(1592 m)、中央のやや低い山が中岳(1506 m)、その左の山が烏帽子岳(1337 m). 瀬戸内海を西航して九州へ                                   投稿日:2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾道;生名島;門司;低山、貝塚、牛臥山;飛龍滝;鷲峰山;京都

『日本遺産 尾道』                投稿日:2016/03/02、No.240  広島県南東部の尾道は、「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」というタイトルで、昨(2015)年4月、「日本遺産(Japan Heritage)」18件の一つとして文化庁により認定された。  世界遺産(文化遺産)は既存の文化財の価値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

擬宝珠山;山の日;横手道;玄武洞;銀山;星山;田ア;帝釈峡;白雲洞;雪氷大会;氷河

[写真] 奥大山鏡ヶ成湿原から見た擬宝珠山.  擬宝珠山トレッキング  投稿日:2016/08/04、No.277  鳥取は今日まで9日連続で日最高気温が30℃を超え、7月末の3日間は35℃以上の猛暑日となった。  涼しいところで野山のトレッキングをと、昨(3)日、奥大山の高原へ出かけた。鏡ヶ成(標高900 m)に着いたとき(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極紀行(1~5)、56-57次南極報告会

南極紀行1 投稿者:竹内由香里[森林総合研究所十日町試験地] 投稿日:2016,7.19~7.31  第57次日本南極地域観測隊(夏隊員)として初めて南極へ行ってきました。  南極観測船「しらせ」で2015年12月6日にオーストラリアのフリーマントルを出港,12月23日に氷海上の「しらせ」から大型ヘリコプターで昭和基地に到着した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧の旅 (1~8)

ソグネ・フィヨルド(ノルウェー,  2016年6月) 1. ストックホルム  今回の旅は、フィンランド航空(Finnair)のみを利用する。6月20日朝関西空港を発ち、ヘルシンキ(フィンランド)で乗り継ぎ、同日夕、スウェーデンの首都ストックホルムに着いた。  北ヨーロッパ各地をゆっくり旅行したわけではないので「北欧の旅」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

智往来、北前船、県博裏、渇水、防砂、環境館、2017新年、メタン、東京桜

『智頭往来、篠ヶホキ』              投稿日:2016/06/14、No.262  江戸時代、鳥取藩の参勤交代の街道は智頭往来(または因幡往来、上方往来)と呼ばれ、第1日目の宿場は鳥取城から約32 km南の智頭である。  その智頭宿へ入る直前に「篠ヶホキ」(ささがほき:篠が峰岐)という古い山道がある。11日、ここを歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午線、東郷、桜、布引、三平、余部、砂美、三徳、若杉、県石、レーダ、真姿

『日本標準時子午線のまち、明石』 投稿日:2016/03/24、No.246  南北に細長い日本列島だが、東西にもある程度の広がりはある。例えば、太陽が真南に来る時刻は、東経145度の北海道東部の霧多布・ウトロでは(日本標準時)午前11時20分、東経125度の沖縄県西部の宮古島では午後0時40分と、東西で1時間20分の差がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16新年;無雪;オアシス;風紋;低温;断水;山冠雪;雪景;三寒;陽春;猛暑

  [Photo: 鳥取砂丘、2016.1.2] 『新年を迎えて』 投稿日:2016/01/01、No.227  あけましておめでとうございます。  皆さまのご健勝と、ますますのご発展を祈念いたします。  今年の鳥取は、3年振りに雪のない元旦を迎えました(写真:久松山と鳥取城跡と仁風閣、1月1日11:00)。   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランドの旅 (10)~(18)

[Photo: ティリティリ島サンクチュアリ。数千人のボランティアの力により、150年前の森林生態系が復活し、多くの旅行者が自然観察に訪れている。] (10) 南極センター                 投稿日:2015/12/14、No.215  クライストチャーチで南極センター(Intern…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランドの旅 (1)~(9)

[Photo: マウント・クック。雪と氷で被われた鋭いピークの右が主峰(3724 m)、左が副峰(3593 m)、その左下の円いピークはヒックス山(Mount Hicks, 3216 m);2015年11月16日、クック・ビレッジから] {本稿は、NPO法人氷河・雪氷圏環境研究舎ウェブサイトのBBS「情報の広場」にて、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極シンポ、南54報会、南氷減少、ペンギン減少、10次OB会、南55報会、南極船、南氷増大

『極域シンポジウム』  [投稿:2013年 11月14日] #2471   [東南極氷床から流出する白瀬氷河。写真手前は海に浮いた棚氷、その先端が崩壊、分離すると氷山となる(Photo:T. Sa., 1993)]  みなとみらい地区(横浜)にて11-12日に開催された第10次南極観測隊(1968-70)のOB総会(同窓懇親会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もみじ平;船上山;大井手水;猪捕獲;資源循環;大山滝;新潟初雪

 [Photo: 岡山県立森林公園もみじ平のブナ林] 『岡山もみじ平周辺トレッキング』 投稿日:2015/09/22、No.194  岡山県立森林公園内の鳥取県境の山、もみじ平(1059 m)~千軒平(1090 m)の約5 kmを、昨日(21日)トレッキングした。  この森林公園には昨年初夏に公園西部の千軒平へ、今春は東部の奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大WV;開拓館;植物園;扇ノ山;鯉が窪;満奇洞;新見甌穴;松本城下町

『北大WV創部60周年記念』 投稿日:2015/07/25   去る7月18日、北海道大学工学部において北大ワンダーフォーゲル(WV)創部60周年祝賀会が開催され、10代OBの成瀬廉二が『パタゴニアから南極へ-氷河とともに50年-』と題し記念講演を行った。  同部のOB+現役(60~63代)の計約690名のうち300余名が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂丘光塔;黄砂;大森貝塚;瀞川平;流痕化石;智頭Amedas;台風11号

『鳥取砂丘「光のタワー」取り止め』                        投稿日:2015/06/05、No.169  鳥取市は先月中旬、砂丘にて大型投光器を使い高さ7000 mの「光のタワー」を出現させる計画を発表した。本年10月~1月に開催される「鳥取砂丘光のアートフェア」の一環で、19台の高出力サーチライト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エベレスト氷雪崩、御嶽噴火、防災公園、ヘリ救助

[Photo] エベレスト山(右奥の岩峰)とクンブ氷河. エベレストBCの下流、右岸モレーンから、1996年10月撮影(門田勤). エベレスト山の氷雪崩 (1) 投稿日:2015/05/19、No.162  去る4月25日正午頃、ネパール国内を震源とするM7.8の大地震が引き金となり、世界最高峰エベレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取力;八幡池;吹屋;銅山;PM2;開花;満開;鳴石;古地図;風土館;岡山森;神庭滝;鬼穴

  大山南壁(2015年3月17日、花回廊より) 『鳥取力創造まつり2015』         投稿日:2015/02/28、No.143  標記のイベントが今日(2月28日)午前から夕にかけて、倉吉未来中心にて開催された。これは、鳥取県未来づくり推進局鳥取力創造課が主催し、地域づくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪博館、京小径、鹿野断層、日御碕、弥生遺跡、井倉洞

『大阪の博物館巡り』                  投稿日:2015/01/24、No.135  よその都市や町へ旅行した際、主たる目的(用件)の前後に時間の余裕ができた場合、まずは景勝地、公園、庭園、史跡などの見物を考える。しかし、時間が限られていたり、天気が屋外散策向きではないときは、しばしば博物館を訪れる。  別に博…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[講演記録] 講演会・セミナー・シンポジウム等 (2006年~2018年)

  (2013.9.12、鳥取市内) 講演・講話・セミナー等 記録 (2006年~2018年)   {除く、大学講義、学会発表}  講演者:成瀬廉二 (NPO法人 氷河・雪氷圏環境研究舎) [2006年]     (計3回) 日時:9月30日(土)、14:00-16:00  場所:鳥取環境大学 16講義室(本部講義棟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] 雪と氷の観察、実習、実験(2008~2015)

  氷ノ山自然ふれあい館 響の森 周辺(標高850m)における「雪の観察会」、2008年2月10日      雪崩危険探知のための弱層デスト (場所、同上)    大山町大山、下山キャンプ場(標高900m)における「雪の観察会」、2008年2月11日   氷ノ山 響の森周辺における「雪の観察会」, 2009年2月1日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] スイスの山と氷河

モルテラッチ氷河(Morteratsch Glacier )      [スイス南東部エンガディンEngadin地方]   (1987年、2018年)         氷河上のトレッカー         氷河末端の氷壁      氷河末端にてBruno Salmと成瀬廉二 (以上、1987年9月18日). …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] フランスの氷河とその周辺

                          エギュイユ・デュ・ミディからモンブラン山群 2012.9.4 成田---  9.5 ---パリ---ジュネーブ・・(鉄道)・・ローザンヌ・・・・マルティグニ・・・・シャモニ                 ジュネーブ駅(スイス)                      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] チリの氷河

      北パタゴニア氷原(Northern Patagonia Icefield)の氷河  サン・ヴァレンティン山(San Valentin: 3910m)と北東壁の氷河(1967年2月)  パンパ・デ・ニエベ(Pampa de Nieve)氷河(1967年2月)   (上)シルコ(Circo)氷河、(下)同氷河から見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] アルゼンチンの氷河

       南パタゴニア氷原(Southern Patagonia Icefield)  ペリート・モレノ(Perito Moreno)氷河.(上)上流涵養域を望む(1999年12月)、(中)中流域の観測地域(1993年12月)、(下)氷河の末端崩壊(カービング:1999年12月)  ペリート・モレノ氷河の対岸展望所から見る氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more