[記録] 海外旅行 No.1(1967年~1989年:成瀬廉二)

*チリ(1967年)

  1月7日:千葉港発(鉄鉱石輸送船”八潮川丸”)
  2月上旬:コキンボ港着
  2月中旬~4月上旬:(北パタゴニア)シルコ氷河、パンパデニエベ氷河、
                サンラファエル氷河、ソレール氷河調査
  4月10日~5月上旬:サンチアゴ
  6月上旬:日本着
Pampa de Nieve Glacier.jpg
Pampa de Nieve Glacier, northern Patagonia, Chile (Feb. 1967)

画像
Frontier farm along Rio Exploradores in Patagonia (22 Feb.)

Soler Glacier (March), Front, Naruse.jpg
On the terminal Moraines of Soler Glacier (March). Front: R. Naruse

オーストラリア(1968年)
     11月30日:東京港晴海ふ頭発(砕氷船”ふじ”)
     12月15日:フリーマントル着
     12月20日頃:フリーマントル発
s-JARE10晴海出港.jpg
Leaving the port of Harumi, Tokyo, on 30 Nov. 1968 (Photographer, unknown)

画像
Perth Downtown in Western Australia (December 1968)

南極(1968年12月-1970年4月)    
  1969年1月6日:”ふじ”昭和基地接岸
  1969年2月20日~1970年2月20日:第10次南極観測隊、南極越冬
  1970年3月18日:”ふじ”密氷海を脱出
画像
Naruse at the route flag, Antarctica, 1969

laboratory-syowa 1969.jpg
Glaciology laboratory in Syowa Station

Yamato mts.jpg
Rearch members at the Base Camp of Yamato Mountains, the New Year of 1970

南アフリカ--フランス(1970年)
  3月29日:”ふじ”ケープタウン入港
     ケープタウン--ヨハネスバーグ--パリ--(空路)
  4月8日:成田着
 
画像

s JARE10, Paris.jpg
L'arc de triomphe du Carrousel(カルーゼル凱旋門), Paris (ca. 5 April 1970)

オーストラリア(1972年)
     11月25日:東京港晴海ふ頭発(砕氷船”ふじ”)
     12月10日頃:フリーマントル着
     12月25日頃:フリーマントル発
画像
Austrarian Antarctic Division, Melbourne (with Willium Budd, in Dec. 1972)

南極(1973年-1974年)
  1973年1月6日:”ふじ”昭和基地接岸
  1973年2月10日~1974年2月1日:第14次南極観測隊、南極越冬
  1974年2月6日:”ふじ”北上開始
s JARE14-13 Mizuho P.jpg
Oversnow traverse members of JARE-13 & -14 at Mizuho Station (January 1973)       
syowa-14.jpg
Dinning room in Syowa Station

画像
Yamato Mountains, Antarctica (Dec. 1973)

Angle survey at Yamato peak 14th.jpg
Angle survey on the peak of Yamato Mountains

南アフリカ-スペイン-フランス(1974年)
   3月10日頃:”ふじ”ケープタウン入港               
     ケープタウン--ヨハネスバーグ--マドリッド
        --ロンドン--パリ--(空路)
   3月20日頃:成田着

アメリカ(1978年)
     8月15日頃:成田ー-ロスアンジェルス--ワシントンD.C.
     8月17日頃:ワシントンD.C.--オタワ
     8月28日頃:トロント--シカゴ
     8月31日頃:シカゴ--サンフランシスコ--成田
Smithonian 1978.jpg
Smithonian Museums Natural History & History of Technology, Washington D.C. (Middle August 1978)

カナダ(1978年)   
     8月17日頃~8月25日:オタワ
     8月26日頃:オタワ--モントリオール--トロント
s IGS Ottawa (Aug. 1978). (Left) W. Budd .jpg
IGS Symposium on "Dynamics of Large Ice Masses" & "Glacier Bed" at Ottawa (15-25 Aug. 1978). (Left) Willium Budd (standing), and Pedro Skvarca (at the right edge)

ottawa-glen.jpg
Coffee break in the symposium, with John Glen and others

toronto 1978.jpg
With the family of the chief curator of Ontario Science Center in Toront

チリ(1983-1984年)
     11月1日:成田発
     11月2日:サンチアゴ着
     11月21日:プエルト・アイセン発(船)
     11月22日~11月30日:サン・ラファエル氷河調査
     12月7日~12月28日:ソレール氷河調査
     1月5日~11日:南パタゴニア氷河地域南部予察調査(船)
     1月15日頃:成田着
Fjord rafael.jpg
Fjord San Rafael (22 Nov., 1983)

画像
Nef Glacier, Chile (Nov. 1983). From left to right: K. Matsui, G. Casassa, a farmer, M. Aniya & R. Naruse

rio-soler.jpg 
Frontier farm in Rio Soler (With Gino)

チリ(1984年)
  12月1日頃:成田発
    2日頃:サンチアゴ着
    3日~8日:「南アメリカにおける雪と氷の水文学」ワークショップ
    10日:アンデス高山の採鉱地と気象観測所見学
    12日頃:サンチアゴ発
    14日頃:成田着        
ihp unesco 84.jpg
IHP UNESCO 1984 committee members at Santiago

Andes Mine (Chile, Dec. 1984).jpg
An open mine at the Central Andes (4500m), Chile (10 Dec. 1984)

Andes met st.jpg
Meteorological Satation at the Central Andes

チリ(1985年)
     9月28日頃:成田発
     9月29日頃:サンチアゴ着
     10月8日頃:コヤイケ着
     10月13日~11月20日頃:北パタゴニア・ソレール氷河調査
     11月25日頃~12月6日:南パタゴニア・チンダル氷河調査
     12月中旬:成田着           
grpp83-85.jpg 
Patagonia 1983&1985 research members at Kyoto (1985 summer)

画像
Base Camp of Soler Glacier, Patagonia (Nov. 1985)

boney-q.jpg
Base Camp of Soler Glacier. Back: Mt. Hyades

1985 Tyndall left bank.jpg
Traverse survey at Tyndall Glacier

ドイツ(1987年)
   9月5日頃:成田発
   9月6日頃:ブレーメルハーヴェン着
   9月7日~11日:「南極の氷河学」シンポジウム(アルフレッド・ウェゲナー研究所)
   9月12日頃:ブレーメルハーヴェン発(鉄道)
   9月13日:ミュンヘン着
   9月14日:ミュンヘン発(鉄道)         
Bremerhaven (10 Sept. 1987).jpg 
Fourth International Symposium on Antarctic Glaciology held at the Alfred-Wegener-Institute for Polar and Marine Research, Bremerhaven, Federal Republic of Germany, 7-11 September 1987

画像
IGS excursion around Bremen. K. Hutter on the right corner (9 Sept. )

11 Sept. 1987.jpg
IGS Banquet at Bremerhaven on 11 September

オーストリー(1987年)       
      9月14日:インスブルック着(鉄道)  
      9月15-16日:チロル、オバーグーグル氷河
画像
Obergurgl, Tyrol, Austria (15 Sept. 1987)

Tirol hotel.jpg
A hotel in Tyrol (Sept. )

スイス(1987年)
      9月17日:チロル発、ダボス着(鉄道)
      9月18日:ベルニナ地方氷河
      9月19日:ダボス発、グリンデルワルド着(鉄道)
      9月20日:ユングフラウヨッホ
      9月22日頃:スイス発
      9月23日頃:成田着   
s-スイス雪崩観測所.jpg
Institute for Snow and Avalanche Research, Davos

Morteratsch 18 Sept. 1987.png
Morteratsch Glacier on 18 Sept., with B. Salm

画像
Jungfraujoch, Switzerland (20 Sept. )

アメリカ(1989年)
      8月20日:成田発、シアトル着
      8月21日~25日:「氷と気候」シンポジウム
      8月26日~27日:セントヘレンズ山および
               レーニエ山地域エクスカーション
      8月28日~30日:ワシントン州山間地
      9月1日:シアトル発
      9月2日:成田着
Seattle (24 Aug. 1989.png
IGS Symposium on Ice and Climate held at Seattle, U.S.A., 21-25 August 1989

画像
Japanese participants at IGS Symposium at Seatle

Mt. St. Helens and Mt. Rainer (27, 28 Aug. 1989.png
IGS Excurtions to Mt. St. Helens and Mt. Rainer (26 & 27 Aug)



$

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0