[記録] 海外旅行 No. 3(2000年~2009年:成瀬廉二)

(Top Photo: Columbia Icefield, Canada, June 2001)

 [注:2002年以前の写真は、ポジティブフィルムまたはプリントをディジタイズしたもの]
    ~ ~ ~ ~ ~
*ロシア(2000年5月)
   5.14: 成田発 (Aeroflot)、モスクワ着
   5.15-5.19: 「XII. 氷河学」シンポジウム(プッシーノ)
   5.21-5.23:サンクトペトロブルグ
   5.24: モスクワ発
   5.25: 成田着
画像
At Pushchino & Moscow (May 2000). From left to right: V.M. Kotlyakov, G.E. Glazyrin, A.F. Glazovsky, Y.D. Muravyev, R. Naruse & O.N. Solomina.

pushchino party.jpg
Dinner party at a cottage in Pushchino, nearby Moscow (17 May 2000). Left end: A. Salamatin, right side: M. Ananicheva

moscow.jpg
Moscow city (20 May 2000)

カナダ(2001年6月)
   5.30: 成田発 (Air Canada: AC)、バンクーバー着
   6.1-6.4: カルガリー、アサバスカ氷河地域
   6.5: カルガリー発、ワシントン着
画像
Columbia Icefield (Athabasca Glacier), Canada (3 June 2001)

Lake louise.jpg
Lake Louise

*アメリカ(2001年6月)
   6.5-6.8: 「リモートセンシング氷河学」シンポジウム(メリーランド大学)
   6.10: ワシントン発(AC, トロント経由)
   6.11: 成田着
washington dc.jpg
Washington DC, USA (9 June 2001)

*アメリカ(アラスカ:2002年6月)
   6.8: 成田発(JAL)、バンクーバー着
   6.10: バンクーバー発(アンカレッジ経由)、ヤクタット着
   6.10-6.14: 「高速氷河流動」シンポジウム(ヤクタット)
   6.15: ヤクタット発、アンカレッジ着
   6.18: アンカレッジ発(シアトル、バンクーバー経由)
   6.19: 成田着    
画像
IGS Symposium Excursion in Yakutat, Alaska (12 June 2002). (Back row) The 3rd from left: H.Rothlisberger, the middle: T.Hughes (with light green sweater), & the right end: J.Weertman (with red jacket).

yaku-walk.jpg
Yaktat village

portage gl.jpg
Portage Glacier, Alaska (16 June 2002)

*スイス(2003年6月)
   5.31:成田発(ANA、ウィーン経由)、インスブルック着
   6.1:インスブルック===(鉄道)===ダヴォス
   6.1-6.3:「雪と雪崩」シンポジウム(ダヴォス)
画像
IGS Symposium at Davos, Switzerland (4 June 2003)

*オーストリー(2003年6月)
   6.4-6.8:ダヴォス===(鉄道)===ザンクトアントン===インスブルック
        ===ザルツブルグ===ウィーン
   6.10:ウィーン発
   6.11:成田着
Inssbrug 2003.5.31-6.11オーストリアの旅 015.jpg
Innsbruck

salzburg.jpg
Saltzburg

画像
Donau River, Austria (June 2003)

*アルゼンチン(2003年11-12月)
   11.25:成田発(AA、ニューヨーク経由)
   11.26:ブエノスアイレス着
   11:27:カラファテ着
   11.28-12.5:ペリートモレノ氷河
   12.6:カラファテ発、ブエノスアイレス着
   12.8:ブエノスアイレス発(ニューヨーク経由)
   12.10:成田着
画像
Perito Moreno Glacier. (From left to right) R.Naruse, Evgeni Isenko and Kazu Sato (1 Dec. 2003).

2003 moreno-front4p.jpg
Perito Moreno Glacier. Pedro Skvarca and others

People at Mirador 2003.11-12 モレノ氷河 007.jpg
Front of Perito Moreno Glacier

*アメリカ(2004年7-8月)
   7.22:成田発
   7.23-24:ユージン
   7.25:ポートランド
   7.26-7.30:「氷と水の相互作用」シンポジウム
   7.31:ポートランド---デンバー
   8.1:ロッキーマウンテン国立公園
   8.2:ボルダー
   8.3:デンバー発
   8.4:成田着
2004.7.22-8.4 Portland univ..jpg
Portland University

2004.7.29, Mt. Hood.jpg
Mt. Hood, Oregon (28 July 2004)

2004.7.22-8.4USA(OREGON,COLORADO) Rocky pass.jpg
Milner Pass, Rocky Mountain National Park (1 August 2004)
  
*タイ(2005年11月)
   11.4:日本発、バンコック着
   11.6:アユターヤ
   11.7:フローティング・マーケット
   11.8:バンコック発、日本着
2005.11.4-8タイ旅行 027.jpg
Ayutthaya

画像
Floating market at Damnoen Saduak, Thailand (7 Nov. 2005)

*デンマーク(2006年6月)
   6.14:成田発(Scandinavia航空)、コペンハーゲン着
   6.18:コペンハーゲン発(Iceland航空)
2006.6.14-28 Denmark Ningyo.jpg
Copenhagen

画像
Frederiksborg Slot, Denmark (17 June 2006)

*アイスランド(2006年6月)
   6.18:レイキャビック着
   6.19-6.23:「地球と宇宙の氷と火山の相互作用」シンポジウム
   6.24-6.26:ヴァツナヨックル氷河方面エクスカーション
   6.27:レイキャビック発(コペンハーゲン経由)
   6.28:成田着
2006.6.14-28アイスランドIce cap.jpg
Myrdals-jokull ice cap

2006.6.14-28アイスランド間欠泉.jpg
Geysir hot spring
 
画像
Participants of IGS Symposium Excursion to Vatnajokull, Iceland. From left to right intermittently, Andree Ohmura, Magnus M. Magnusson, Sergey Popov, Atsumu Ohmura, Tamara Poppova, Naruses, Garry Clarke, Joseph Walder (26 June 2006)

*ブラジル(2007年1月)
   1.16:関西空港発(AC:バンクーバー、トロント、サンパウロ経由)
   1.17:フォスドイグアス着
   1.18:イグアスの滝
Iguas Fall.jpg
 
画像
Iguacu Fall, Foz do Iguacu, Brazil (18 Jan. 2007)

*アルゼンチン(2007年1月)
   1.18:プエルト・イグアス発、ブエノスアイレス着
   1.19:ブエノスアイレス発、カラファテ着
   1.20-1.21:ウプサラ氷河、ペリートモレノ氷河
画像
Upsala Glacier, Patagonia, Argentina (20 Jan. 2007)

Moreno Trek.jpg
Trekking tour on Perito Moreno Glacier, Patagonia (21 Jan. 2007)

Pampa.jpg
Argentine Pampa
 
*チリ(2007年1月)
   1.22:カラファテ----(バス)----プエルトナタレス
   1.23-24:パイネ国立公園
   1.25:プエルトナタレス----(バス)----プンタアレナス
   1.26:プンタアレナス発、プエルトモント着、----ヴァルディビア着
   1.27:ヴァルディビア発、サンチアゴ着
2007.1.16-2.4paine.jpg
Paine National Park

画像
Puerto Natales, Chile (24 Jan. 2007)

penguins.jpg
Magellan Penguins in Punta Arenas

*ペルー(2007年1-2月)
   1.28:サンチアゴ発、リマ着
   1.29:リマ発、クスコ着
   1.30:マチュピチュ
   2.1:クスコ発、リマ着
   2.3:リマ発(トロント経由)
   2.4:成田着
2007.1.16-2.4クスコ町.jpg
Cuzco city (29 Jan. 2007)

画像
Machu Picchu, Peru (30 Jan.)

2007.1.16-2.4rima南米の旅 293.jpg
Pachacamac Ruin, Lima (2 February)

*イタリー(2007年7月)
   7.5:関西空港発(JAL)、ミラノ着
   7.6-7.7:フィレンチェ
   7.8:フィレンチェ===(鉄道)===ペルージャ
   7.9-7.12:IUGG(国際測地学・地球物理学連合)
       「地球:変動する惑星」シンポジウム(ペルージャ大学)
   7.13:ペルージャ===ヴェネチア
   7.15:ヴェネチア===ボルツアーノ
   7.16:アルプディシウジ
   7.17:ボルツアーノ===ミラノ
   7.18:ミラノ発
   7.19:関空着
ペルージャ.jpg
Perugia University

ベネチア.jpg
Venezia

画像
Alpe di Siusi, Italy (16 July 2007)

*アイルランド(2008年8月)
   8.16:成田発(ANA:ロンドン経由)、ダブリン着
   8.17:ダブリン===(列車)===リムリック
   8.17-8.22:「氷河のダイナミックス」シンポジウム(リムリック)
   8.22:リムリック===(列車)===ダブリン
画像
Ice Breaker with Garry Clarke & A. Ohmura in Limerick, Ireland (17 Aug. 2008)

stone table.jpg
Dolmen, The Burren

Dabrin.jpg
Dublin
 
*イギリス(2008年8月)
   8.23:ダブリン発、ロンドン着
   8.25-8.26:湖水地方
   8.28:ロンドン発
   8.29:成田着
London郊外城-2.jpg
Winsor Castle

London郊外古都.jpg
Cotwolds old town
 
画像
Bowness-On-Windermere, Lake District, England (25 Aug. 2008)

*オーストリー(2009年11月)
   11.10:成田発(オーストリー航空)、ウィーン着
   11.11-11.12:「氷河や凍土による災害」ワークショップ
画像
Glacier Hazard Workshop, Wien, Austria (11 Nov. 2009)

ウィーン住宅街.jpg
Near Symposium venue, Wien

*エジプト(2009年11月)
   11.13:ウィーン発、カイロ着
   11.14-11.15:カイロ   
スフィンクス-2.jpg画像
Pyramids of Giza, Egypt (14 Nov. 2009)

Residential area of Cairo.jpg
Residential area of Cairo

*タンザニア(2009年11月)
   11.16:カイロ発(エチオピアン航空:アディス・アババ経由)、キリマンジェロ着
   11.17:アリューシャ自然公園
画像
Safari in Arusha National Park, Tanzania (17 Nov. 2009)

キリマン市場.jpg
Market in Arusha Town

Arusha village.jpg
A village near Arusha

*エチオピア(2009年11月)
   11.18:キリマンジェロ発、アディス・アババ着
   11.20:アディス・アババ発、バハール・ダール着
   11.21:バハール・ダール発(アディス・アババ経由)、カイロ着
   11.23:カイロ発(ルフトハンザ:フランクフルト経由)
   11.24:成田着
エチオピア露店.jpg
Folk craft sellers on the street near Addis Ababa  

画像
Bahir Dar, Ethiopia (20 Nov. 2009)

Blue Nile.jpg
Ferry boat on Blue Nile River near Bahir Dar


 [海外旅行 No.1 & No.2(1967年~1999年:成瀬廉二)は、便宜上、2018年12月31日投稿欄に掲載されている]

$

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0