冬来;雪;雪形;温暖;15新年;本陣山;砂丘雪;空山;砂丘;高温

画像
  [Photo] 鳥取砂丘(2015.1.3)
山陰地方、冬到来 投稿日:2014/12/09、No.125
 12月6日(土)、鳥取市内で今冬の初積雪を記録した(積雪深3 cm)。中国地方の日本海側の平地では、米子の2 cmを除き、積雪0 cmまたは無だったが、島根県の標高300-450 mの山沿いでは6日の積雪深は30-50 cmで、12月としては大雪となった。山陰地方に冬の到来である。

 ちょうどこの期間、5日から8日にかけて、鳥取から松江、大田、浜田、益田を通って山口県の萩まで行ってきた。5日、6日は時おり霙(みぞれ)や小雪がチラチラ舞っていたが、低地の道路には積もるまでには至らなかった。
 今回の12月初旬の大雪は、徳島県も同様だが、山間地や山沿いに多かったようだ。
 
画像

 写真は、山口県北部の北長門海岸国定公園である(6日)。「隆起と沈降を繰り返したため、海岸線は屈曲に富み、海食景観が見もの」との触れ込みであるが、山陰海岸国立公園(または同ジオパーク)とは趣をやや異にし、それぞれ迫力がある。

  ~~~~~~~~

『鳥取、大雪』
               投稿日:2014/12/14、No.126

 夜中は静かだったが、今朝起きて外を見たら、大雪なのでびっくりした。鳥取市内の久松公園付近は、時おり車は通るが、歩く人はほとんどいない(14日07:45)。積雪深は、場所により17~23 cm程度であった。
画像

 気象庁の速報値によると、本日10時現在の積雪深は、鳥取20 cm、倉吉、智頭0 cm(最少読み取り未満)、米子、境ナシであった。つまり、鳥取県内では鳥取市を中心とした大雪だった。

 なお、鳥取の今朝の積雪深は平年の1000%と付記されていた。これは、12月14日の鳥取の積雪深の平年値は2 cmだからである。

   ~~~~~~~~

『鳥取城跡に雪形』
                      投稿日:2014/12/23、No.128

画像

 3日前(20日)、鳥取城跡に「雪形」のようなものが現れた(写真:20日13時)。背嚢を背負っているか、あるいは槍を手にした侍が、城の方に向いているように見えた。

 雪形(ゆきがた)とは、山の斜面の残雪の形を、人や動物や物に見立てたもので、同一の山では毎年ほぼ同時期に同様な形が出現し、農村地帯では古くから農事の暦として親しまれてきた。

 鳥取の雪形はこれとは異なるが、どうしてこういう形になったのか、現場を見に行ってきた。この残雪は、二ノ丸の城壁の横の草付斜面にあり、特別な形を示しているわけではなかった。ただ、その手前の樹の幹、枝、葉、および城壁の柵が「形」を作る役割を果たしていることが分かった。

 なお、この雪形が見られる角度(横と縦)は狭い範囲内だったので、観察スポットは限られていたと思われる。また、同日夕には融雪の進行により単なる残雪となった。

  ~~~~~

『温暖化により降雪量減少』
             投稿日:2014/12/28、No.129

 温暖化がこのまま進めば、西日本に現在降る雪の一部または大半が雨となるだろうし、北日本でも冬の初めとか春に降る雪は雨になることが多いと思われるので、温暖化により降雪量が減少することは、誰でも容易に想像できる。

 環境省はこのたび(12月12日)、「日本国内における気候変動予測の不確実性を考慮した結果について」という実験研究結果を報道発表した。「不確実性を考慮した結果」とは随分難解な言葉を使っているが、報告書を読んでみると、「数値実験を行う際、二酸化炭素濃度とか、海面水温や雲の効果など、分からないことがたくさんあるので、いろいろ数値を仮定した実験」ということが分かった。

 環境省は気象庁気象研究所の協力を得て、全球気候モデル(水平格子間隔60 km)による全地球の計算を行い、得られた日本周辺の気象条件を、よりきめの細かい地域気候モデル(水平格子間隔20 km)の境界条件として入力した。そして、地域モデル計算で得られた日本列島の将来(2080~2100 年)の気候を現在(1984~2004年)の再現結果と比較した。

 その結果、季節ごと、地域別の気温や降水に関するさまざまな予測結果が示された。その内、年間降雪量の変化を見ると、以下の通りである。なお、温室効果ガスの濃度は4通りのRCP(代表的濃度経路)シナリオにて計算されたが、そのうち濃度が2番目に高いRCP6.0シナリオの結果のみを示す。

 年降雪量は、ほとんどのケース(仮定)において減少すると予測された。特に東日本日本海側(新潟県~福井県)では減少量が大きく、現在の平均273 cmから81 cm減る。西日本日本海側(京都府~山陰~九州北部)では、現在の52 cmから34 cm減り、概ね1/3になるとのことである。
画像

            [写真:鳥取市内、2014年12月14日]

       ~~~~~~~~~~~~~~

『新年を迎えて』
                 投稿日:2015/01/01、No.130

 あけましておめでとうございます。

 本年も、皆さま健やかで、実り多き年となるようお祈りいたします。

  * * *

画像

 今年の鳥取は、4年振りに新雪の元旦を迎えた(写真:久松山、仁風閣、外堀。09:00、積雪深7 cm)。

 「3か月予報」(2014.12.24、広島地方気象台発表)によると、今年の1,2,3月の中国地方の気温は、平年並み40%、平年より高い40%となっており、平年より寒くなる確率は20%と低い。

 一方、山陰地方の降雪量は、平年並み40%、平年より少ない40%、平年より多い20%である。

 以上をまとめると、山陰地方の1-3月は、暖冬気味、少雪と言えよう。
 しかし、昨年12月は、鳥取の月平均気温が4.9℃で平年値6.8℃より1.9℃も低く、すでに十分寒い冬を経験した。

  ~~~~~~~~~

『雪の本陣山ウォーク』
                投稿日:2015/01/06、No.131

 鳥取の今年の正月3が日は、積雪深が26、31、26 cm(気象台)と、2011年の正月(54、38、24 cm)以来の大雪となった。そこで過去の正月の雪はどんな状況だったのか、ちょっとだけ調べてみた。

 1986年から30年間、鳥取にて正月3が日の平均積雪深が3cm以上だった年を*、平均2cm以下の年を0にて表すと以下のようになる(気象台の露場で積雪深が1ないし2 cmの場合、車道や人通りの多い歩道はほとんど雪がなくなり、人々の生活には大きな支障はないと思われるので、ここでは3cm以上、または未満で区切った)。

(1986-1995)*000*00000
(1996-2005)000000*000
(2006-2015)*0******0*

 以上によると、最近10年は雪が多いことは明らかだが、これは1月初めの3日間だけを見ているので、気候の変化傾向が云々などとは全く言えない。

 さて昨日(5日)、鳥取市内の本陣山(標高251 m)をウォーキングした。麓の樗谿(おうちだに)公園から、舗装された作業道が山頂(太閤ヶ平、たいこうがなる)まで片道3.5 km続いている。街中では積雪深が数cmだったが、山道は20-30 cmの積雪だった(写真)。
画像

 このコースは、急傾斜部分がないためウォーキングやジョギングに適しており、四季、老若を問わず訪れる人が多いのだが、昨日は晴天ながら積雪のため、往復で出会った人は10人程度であった。

  ~~~~~~~~~~~~

『砂丘の積雪』
                  投稿日:2015/01/10、No.132

 砂丘は風が強いので雪の積もり方は平野部とはかなり異なる。砂丘一面に雪が積もったのち、急斜面では時に雪や砂が崩れたり、人が歩いた跡は砂が露出する(写真)。湿った砂は雪よりも日射を多く吸収するので、砂の露出面周辺の雪の融け方は速い。
画像

 写真は1月3日正午頃の鳥取砂丘の状況である。市内(気象台)の積雪深は22 cmだったが、砂丘では砂が露出し始めている。翌4日にも砂丘に立ち寄ったが、積雪域は半分程度に減少していた(市内積雪深:14 cm)。このように、砂丘の雪は平野部の積雪に比べて変化が著しい。

   ~~~~~~~~~

『雪の空山ハイク』
               投稿日:2015/01/15、No.133

 昨日(14日)、鳥取市南部の空山(そらやま、340 m)へハイキングに行ってきた。この10日あまり、鳥取では雨模様の日が多かったが雪はほとんど降らなかったので、空山も雪は大半融け、積雪があったとしても日陰など部分的だろうと思っていた。
画像

 しかし、標高250 mあたりから上部はほぼ一面雪で、積雪深は所により30 cmほどあった(写真)。ウォーキングロード上には3種類ほどの動物の足跡はあるが、ハイカーが往来した形跡はまったくない。標高300 mあまりの里山のようなところだが、雪の状況がこんなにも市街地と異なることにびっくりした。

 そこで、ちょっとだけ気象データを調べてみた。鳥取市内では9、10日に計35 mmの雨が降ったが、その雨降りの時間帯(夜と未明)の気温は0.8℃から3.5℃の範囲だった(鳥取地方気象台)。

 標高250 mでは低地より1.5℃程度低いので、9、10日の雨は空山では間違いなく雪または霙(みぞれ)として降ったと考えられる。その雪が、正月1、2日の雪の上に積もり、昨日まであまり融けずに残っていたのであろう。

 このように、温暖地の冬期では降雪時の気温は0℃前後のことが多いので、ちょっとした気温変化が雨か雪かという大きな変化を引き起こす。

   ~~~~~~~~~~~~~~~

『砂丘散策』
                   投稿日:2015/01/20、No.134

 雨降りの翌日(16日)、鳥取砂丘を子供の国から観光砂丘(馬の背)まで往復3 kmほど散策した。前日のまとまった雨(25 mm)のため、砂はよく締まり、たいへん歩きやすい。
画像

 乾いた砂の上を吹く風によって形成される風紋(リップル)はほとんど消滅していたが、黒っぽい細い帯がほぼ等間隔に並んだ縞模様が見られた(写真)。その縞の間隔はおよそ13 cm前後で、鳥取砂丘の標準的な風紋の周期に一致している。

 この表面模様は、リップル(さざ波)のような谷と峰の凹凸はなく、ほぼ平坦であった。しかし、この黒っぽい帯の正体は、砂粒径の差異か、鉱物の相違か、あるいは砂以外の異物か、含水の程度が違うのか、ちょっと見ただけでは分からなかった。

 この縞模様の分布と周期性や気象データ(鳥取気象台)から判断すると、2、3日前の曇天・中程度の風(最大瞬間風速 8.8、5.5 m/s)の時に形成された風紋が、前日(15日)の雨と強風(15.5 m/s)により変形したものであろう、と思われる。すなわち、この模様は風紋の痕跡で、黒っぽい帯はかつてのリップルの峰に相当する。

   ~~~~~~~~~~~~~~

『昨年の世界平均気温は史上最高』
                投稿日:2015/02/09、No.139

 アメリカのNASA/GISSとNOAAが、それぞれ独立した解析により、昨(2014)年の世界平均気温は1880年以来観測史上最高だったと先月発表した。

 NASAは、世界の6,300点の気象観測所における地上気温、南極観測基地の気温、および船舶やブイによる表面海水温のデータをもとに、観測点分布の不均質と都市過熱の影響を考慮して解析を行った。NOAAもほぼ同種の生データを用いたが、解析方法は若干異なる。(NASA Research News, Jan. 16, 2015)

 一方、日本の気象庁も、昨年の世界の年平均気温は、1891年の統計開始以降、最も高い値となった、と発表した(2月2日)。気象庁は、アメリカNCDCが整備したデータすべて(年、月により異なり約300~3900地点)を使用しているが、都市化の影響や地域的な偏りは考慮していない。しかし、「史上1位」という結果は3機関とも同じである。なお、従来の1位は1998年、2位は2010年と2013年だった(気象庁)。

 我々日本人の多くは、昨年が特に高温だったという印象はないと思われる。気象庁によると、2014年の日本(15地点)の年平均気温は、特別高かったわけではない。例えば、昨年の年平均気温は、札幌9.3℃(平年8.9℃)、名古屋16.1℃(平年15.8℃)、鳥取14.9℃(平年、同)である。

 昨年の世界平均気温最高記録達成は、長期的な地球温暖化の一環であることは疑いないが、南・北半球、陸・海域、春夏秋冬をすべて平均した結果なので、全地球が均質に年々わずかずつ昇温しているわけではない。極端な場合、猛暑の夏に厳寒の冬が続けば、その地点の年平均気温は平年並みということになる。
画像

 [写真: 六本木ミッドタウン(2014年10月12日)]

   

$

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0