砂丘、ハマナス南限、花回廊、梅雨、鳴り石、鬼ヶ城跡、竹田城跡、猛暑8月

人がいない砂丘 
               投稿日:2020/05/14、No.652

 コロナウィルス感染予防のため、ゴールデンウィーク前後、鳥取砂丘周辺の公営駐車場を閉鎖する、ということをニュースで知った。

 どういう状況なのか、5月8日(金)、ウォーキングがてら砂丘を見に行った。

 まず、観光砂丘入口、砂丘会館、砂丘センターなどの有料・無料の大型駐車場はバリケードで閉鎖されていた。土産物店や飲食店はほとんど全て臨時休業し、その前の駐車スペースはロープで進入できないようになっていた。

 砂丘はさすがに閉鎖されているわけではなく、立ち入ることは制約されない。8日午後、晴天、風穏やかながら、砂丘上の遠くに、2、3人のグループを3組ほど見かけただけだった(写真)。
652.jpgDSC01125.JPG

 その後11日、鳥取県などは、県外からの旅行者等の流入抑制に一定程度の効果があったとして、砂丘周辺の駐車場閉鎖を解除した。

ハマナス自生の南限地
投稿日:2020/05/25、No.655

 国指定文化財・天然記念物「ハマナス自生の南限地帯」が、鳥取砂丘の西端、白兎海岸にある。

 ハマナスは、アリューシャン列島から北海道にかけて寒冷地の海岸砂地に生育するバラ科の落葉低木の植物である。4月下旬から6月上旬に、淡い紅色の五弁の花が咲く。

 この自生地は、国道9号線のすぐ横で、道の駅から歩いて3分の所にあり、柵で囲まれてはいるが出入りは自由、看板はあるが、監視員がいるわけではなく、それでも荒らされることがなく、今年も例年のように花が見ごろとなっていた(写真:5月17日)。
655.jpg

花回廊から大山を望む
                 投稿日:2020/06/04、No.657

 4月13日から臨時休園していた県立とっとり花回廊が、5月23日から開園したので、一昨日(6月2日)、ちょうど3か月ぶりに訪れた。

 同園のHPや入口の看板に、「山陰両県(鳥取、島根)以外からの来園はご遠慮下さい」とあった。ちょっとこれは言い過ぎではないか、との感がする。

 花回廊の東側には、伯耆大山がどっしりと構えているので、タイトルの「花回廊から大山を望む」ことは当たり前のこと、と思われるかもしれない。しかし、大山の全体が雲一つなく見られることは(写真)、そうしょっちゅうあるわけではない。
DSC01246.JPG
 花回廊から大山を見られる頻度はどの位だろうかと、大阪管区気象台の30年統計による各月・日の「天気出現率」(晴れ、曇り、雨雪の3分類)から、鳥取の6月の平均「晴れ」の割合を求めてみたら38%となった。

 「晴れ」は雲量8.5未満なので、仮に雲量2以下のとき大山の頂上付近が見られると仮定すると、上記38%の1/4程度だろうか。つまり、遠くの山の全貌を望むことができる確率は、6月では凡そ10%位、10日に1回程度、ということになる。
657.jpg
 写真(2日午後)は、見ごろ終盤のアイスランドポピーの「花の丘」から見た大山。

鳥取 梅雨入り 
               投稿日:2020/06/12、No.660

 気象庁は、今年の梅雨入り(速報値)として、「中国地方は6月10日ごろ梅雨入りした」と発表した。平年より3日遅く、かなり異常だった昨年より16日早い。

 鳥取気象台の降水量データによると、
6月7日~9日:――(なし)、10日:0.0 mm、11日:32.5 mm
だった。

すなわち、ほとんど降らなかった10日に梅雨入りしたことになる。これは、県の中でも地域を分けて発表される日々の天気予報と違って、梅雨は中国地方を一つとして報告されるので、こういうこともよくあることである。

梅雨はシトシトと少しずつ長く降る、というのが一般的だが、梅雨入り翌日(11日)18時頃は、1時間に16 mmと豪雨だった。
DSC01357.JPG660.jpg

          [写真]久松公園(6月11日、17:45)

琴浦の鳴り石の浜
               投稿日:2020/06/18(Thu)、No.661

 琴浦町赤碕の「鳴り石の浜」に、5年振りに立ち寄った(6月3日)。

 東西約500 mにわたるこの海岸には、大小の扁平な楕円形の石が積み重なっており、浜に波が打ち寄せるとき、丸石がぶつかり合い「カラコロ」と心地よい音を発するので、ちょっとした観光スポットになっている。

 前回来た時は、穏やかな天候、波静かで、音を聞くことができなかった。今回も同様、好天で、さざ波程度だった(写真)。
661.jpg

 一体どんな音がするものか一度は聞きたいと思いインターネットを調べてみたら、ユーチューブの動画があった。それを繰り返し、見て、聴いた。

 その結果、寄せ波が浜に打ち上げるとき、および引き波のとき、丸石がぶつかり、こすれ、転がることにより独特の音を発していることが分かった。
DSC01287.JPG
 琴浦町観光協会が言うように「カラコロ」が最も近い音だとすると、「カラ」が高音、「コロ」が低音であろう。そして、木琴などの打楽器から類推すると、高い音は小さい石、低い音は大きい石が発しているのだろう、と思われる。

 しかし、波打ち際には大小の石が混ざり合っているので、さまざまな周波数の音が同時に発せられているに違いない。そうであれば、「カラ」と「コロ」を物理的に意味づけることは誤りだろう。

 なお、「鳴り石の浜」の音は「カラコロ」が多数派だが、ネットでは他に、「ガラガラ ゴロゴロ」「ゴロゴロ カラカラ」「カラン カラン」があった。

 また、砂丘などの「鳴き砂」は、「キュッ キュッ」「クッ クッ」のようである。

若桜鬼ヶ城散策 
               投稿日:2020/08/28、No.677

 鳥取県に限らないのだろうが、西日本には城跡(城址)が非常に多い。

 その内、平地に築かれた城は平城、山の頂上の城は山城、その中間か両者をあわせ持った城が平山城と呼ばれるそうである。

 鳥取県東部の因幡の国(現在の鳥取市、岩美町、八頭町、智頭町、若桜町)は、山城や平山城が多い。それらの主な(有名な)城は以下の通りである。

*鳥取城(鳥取市、標高263m)
*鹿野城(鳥取市鹿野町、148m)
*河原城(鳥取市河原町、98m)
*景石城(鳥取市用瀬町、325m)
*鬼ヶ城(若桜町、452m)

 鳥取県には、天守閣などかつての建築物を復元したところはない。河原城には、天守閣風の展望台・資料館があるが、城の復元ではなく、単に模した建造物である。

 先月(7.25)、標高の高い山城、鬼ヶ城跡を散策した。若桜町市街から鶴尾山の林道を車で上がると、頂上直下の駐車場が車止めである。そこから、ゆっくり歩くと、三の丸、二の丸を経て、15分で山頂の本丸跡と天守台に着く。
677.jpg

 山頂から見下ろした写真を示す。Y字の街道のうち左は、氷ノ山の中腹へ上がる国道482号で、その先は、歩けば氷の越(鞍部)を経て但馬国に通じる。右の国道29号は戸倉峠を経て播磨国へ達する。このように、若桜は物流などの重要な拠点だった。

 本丸跡の案内板には次の解説があった。
「若桜は但馬方面と播磨方面に向かう街道の結節点に位置しています。この地点からは両街道がはっきり確認でき、敵を確認する際は非常に有効な場所であることが分かります。(若桜町教育委員会)」

竹田城跡散策 
               投稿日:2020/08/21、No.676

 JR播但線竹田駅の裏山頂上(標高354m)に竹田城跡がある。1443年築城の山城跡である。

 天守閣などの復元建築物は何もなく、石垣などの遺構を整備した城跡にすぎない(写真)。
676.jpg

 しかし、この地域は、秋の良く晴れた朝にしばしば濃い霧が発生し、隣の山から眺めると、竹田城跡が雲海に浮かぶように見え、「天空の城」と呼ばれるようになり、全国的に有名な城跡となった。

 いつか行こうと思いつつ、なかなか実現しなかったが、先日(8月3日)機会をつくって散策(軽登山)をしてきた。

 一般車両は、麓の「山城の郷」まで通行可で、その後は乗車時間5分のバスにて中腹まで行く。そこから20分ほど坂道を上ると、竹田城跡入り口である。

 城跡なのに入場が有料(一人500円)というところは他県にあるかどうかは知らないが、竹田城敷地内の遺構や遊歩道は、よく整備、手入れされており、ゆっくり散策する価値はある。
竹田城.JPG 竹田城跡

少雨、猛暑だった鳥取の8月 
               投稿日:2020/09/02、No.678

 鳥取市の本年8月の総降水量は8.5 mmで、鳥取地方気象台における観測史上(1978年~)少ない方から2番目だった。

 また、8月の平均気温は29.3℃で、観測史上高い方から2番目だった。

 倉吉市(アメダス)はさらに著しく、8月の総降水量は3 mmで、観測史上最少、平均気温は高い方から2番目だった。

 各種報道等によると、今年8月の猛暑は局地的な現象ではなく、東・西日本全体の傾向のようである。

678.jpg
   鳥取砂丘(福部)にて、種球の植え付け準備が完了したラッキョウ畑(8月8日).

DSCN7379.JPG
   宍粟市フォレストステーション波賀の遊歩道(8月2日).


$

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント