もみじ平;船上山;大井手水;猪捕獲;資源循環;大山滝;新潟初雪

 [Photo: 岡山県立森林公園もみじ平のブナ林] 『岡山もみじ平周辺トレッキング』 投稿日:2015/09/22、No.194  岡山県立森林公園内の鳥取県境の山、もみじ平(1059 m)~千軒平(1090 m)の約5 kmを、昨日(21日)トレッキングした。  この森林公園には昨年初夏に公園西部の千軒平へ、今春は東部の奥…

続きを読むread more

北大WV;開拓館;植物園;扇ノ山;鯉が窪;満奇洞;新見甌穴;松本城下町

『北大WV創部60周年記念』 投稿日:2015/07/25   去る7月18日、北海道大学工学部において北大ワンダーフォーゲル(WV)創部60周年祝賀会が開催され、10代OBの成瀬廉二が『パタゴニアから南極へ-氷河とともに50年-』と題し記念講演を行った。  同部のOB+現役(60~63代)の計約690名のうち300余名が出…

続きを読むread more

エベレスト氷雪崩、御嶽噴火、防災公園、ヘリ救助

[Photo] エベレスト山(右奥の岩峰)とクンブ氷河. エベレストBCの下流、右岸モレーンから、1996年10月撮影(門田勤). エベレスト山の氷雪崩 (1) 投稿日:2015/05/19、No.162  去る4月25日正午頃、ネパール国内を震源とするM7.8の大地震が引き金となり、世界最高峰エベレ…

続きを読むread more

砂丘光塔;黄砂;大森貝塚;瀞川平;流痕化石;智頭Amedas;台風11号

『鳥取砂丘「光のタワー」取り止め』                        投稿日:2015/06/05、No.169  鳥取市は先月中旬、砂丘にて大型投光器を使い高さ7000 mの「光のタワー」を出現させる計画を発表した。本年10月~1月に開催される「鳥取砂丘光のアートフェア」の一環で、19台の高出力サーチライト…

続きを読むread more

鳥取力;八幡池;吹屋;銅山;PM2;開花;満開;鳴石;古地図;風土館;岡山森;神庭滝;鬼穴

  大山南壁(2015年3月17日、花回廊より) 『鳥取力創造まつり2015』         投稿日:2015/02/28、No.143  標記のイベントが今日(2月28日)午前から夕にかけて、倉吉未来中心にて開催された。これは、鳥取県未来づくり推進局鳥取力創造課が主催し、地域づくり…

続きを読むread more

大阪博館、京小径、鹿野断層、日御碕、弥生遺跡、井倉洞

『大阪の博物館巡り』                  投稿日:2015/01/24、No.135  よその都市や町へ旅行した際、主たる目的(用件)の前後に時間の余裕ができた場合、まずは景勝地、公園、庭園、史跡などの見物を考える。しかし、時間が限られていたり、天気が屋外散策向きではないときは、しばしば博物館を訪れる。  別に博…

続きを読むread more

冬来;雪;雪形;温暖;15新年;本陣山;砂丘雪;空山;砂丘;高温

  [Photo] 鳥取砂丘(2015.1.3) 山陰地方、冬到来 投稿日:2014/12/09、No.125  12月6日(土)、鳥取市内で今冬の初積雪を記録した(積雪深3 cm)。中国地方の日本海側の平地では、米子の2 cmを除き、積雪0 cmまたは無だったが、島根県の標高300-450 mの山沿いでは6日の積雪深は30-50…

続きを読むread more

田art;雪氷会;茸;木地師;若杉山;天然林;奈義;初冬札幌;氷河会;ベタ坂;鎌倉;銀山

『田んぼアート』                 投稿日:2014/09/18、No.108   岡山県美作市勝田エリアで創作された「田んぼアート」を見てきた。稲刈り前の9月6日、久賀ダムの下流側の谷あいの田んぼに絵がきれいに描かれていた(写真:久賀ダム堰堤より)。  地域の活性化をめざして活動している勝田SP(サンフラワープロ…

続きを読むread more

扇ノ山;高山;氷ノ山;三瓶山(軽登山);埋没林;比婆山;雪室;北海道

扇ノ山ハイキング          投稿日:2014/08/06、No.94  鳥取市では、7月31日に同日の日本最高気温37.8℃を記録した。鳥取の観測史上第8位の高温であった。  涼しいところへ行きたいという目的もあって、8月2日、扇ノ山の河合谷高原コースを登山口(標高1050 m)から頂上手前…

続きを読むread more

甌穴、海食洞、砂丘動物、三徳山、仮屋、滝、砂美術、教師日、茸、山陰GP、電柵、3走

美作の甌穴                     投稿日:2014/06/23、No.85  岡山県美作(みまさか)市の山村部の地方道(余野付近)を車で走っていたとき、「小渕の甌穴群」という看板が目にとまった(写真:6月21日)。すぐに停車し、道路沿いの梶並川へ下り、あたりをじっくり観察した。看板はこれ一つだけで、ほかには何も表示が…

続きを読むread more

今冬雪;雪害;象山;雪大山

 [写真:大山.2014.3.12、鳥取県南部町から]  『今冬期の日本の積雪』  (前)        投稿日:2014/04/24、No.73  2013-14年冬期は、豪雪だったのか、並み以下だったのか、日本列島への雪の降り方にどんな特徴があったのか振り返ってみたい。  まず、今冬の降雪現象で特異な点は、2月上旬から中旬…

続きを読むread more

中部アメリカの旅 (1)-(13):パナマ・コスタリカ

(1) はじめに                       (投稿:2014.2-3)  2014年1月22日から2月8日まで、パナマ、コスタリカ、メキシコの3か国を訪れた。本稿は、何回のシリーズになるかは未定だが、その旅の見聞記である。                 (マヌエル・アントニオ国立公園、コスタリカ)  中央ア…

続きを読むread more

今冬寒;初積雪;13年気温;14新年;雪空山;大山冠雪;砂柱;台風18

『今冬は寒くなるのか』            [投稿:2013年 11月28日]  気象庁は11月25日、今後3か月(12月~2月)の季節予報を発表した。 それによると、平均気温が平年より「低い」「平年並」「高い」確率は、東日本・北日本 では40%、40%、20%、西日本では50%、30%、20%となっている。 …

続きを読むread more

梅雨;豪雨;水不足;集中雨;猛暑;満貯水;扇山;雨滝;人口雨;大雨;今年暑さ

梅雨期の降水量                [投稿:2013年 7月10日] #2438  西日本では今年、梅雨の入りも明けも例年より10日以上早かった。  鳥取では、雨の少ない「空つゆ」だった印象だが、西日本全体の傾向はどうだったのか、気象台のデータを調べてみた。  今年の梅雨期間5月28日~7月7日の各地の降水量と、その…

続きを読むread more

シイ、イチョウ、梅、桜、カキツバタ、ハマナス、森林公園

シイの巨木       [投稿:2013年 6月23日] #2430  鳥取県中部の琴浦町に「シイの巨木」があることを聞き、先週末琴浦方面へ行ったついでに、琴浦町南部の春日神社の神木シイを見てきた。  写真のスダジイは全貌が写っていないが、樹高15 m、胸高太さ(周囲)11.4 m、さらに枝張りが東西30 m、南北…

続きを読むread more

人類旅;佐用豪雨;篭山;芭蕉;矢山;甌穴;カキ;暈;幻日;梅雨入;十勝雪;奥大山

『グレートジャーニー展』  [投稿:2013年4月17日]  #2412  国立科学博物館の特別展『グレートジャーニー 人類の旅』を観てきた(12日)。これは、探検家・医師の関野吉晴が1993年南アメリカ最南端のパタゴニア・ナバリーノ島を出発し、足掛け10年をかけ、アフリカ・タンザニアまでの探検旅行…

続きを読むread more

南極で雨、しらせ接岸断念、南極輸送完、53・54次南極報告会

 南極昭和基地で雨                    2012/12/30、No.2387  去る12月24日の新聞各紙に「22日、昭和基地で2004年1月1日以来約9年ぶりに雨が降った」というニュースが報じられた。気象庁のデータによると、昭和基地の日最高気温は20日5.6℃、21日3.9℃、22日4.6℃と暖かい日が続いており、…

続きを読むread more

初雪;13新年;少雪;防セ;最低気温;PM2.5;中海;砂丘;湖山池;桜

  新雪の久松山(2012.12.11)   鳥取、初雪(12月4日)  2012/12/08、No.2382  北日本では所によってはもう充分雪が積もっているので、いまさら「初雪」なんでニュース性に欠けるかもしれない。  鳥取は、11月下旬から平年に比べて気温が低い日が続いている。12月に入ってから毎日のように、ときどきパラ…

続きを読むread more

知床;笠雲;大雨;新白瀬;雪氷大会;菅平;松島;扇ノ山;冠雪大山;石巻津波跡;紅葉終

知床探訪       2012/08/15、No.2346  盆休みで多くの人々が動き混雑する頃の8月11日~14日、北海道北東部の知床で私的な集まりがあり、猛暑の鳥取から脱出すべく勇んで鳥取-大阪-釧路-斜里の経路にて知床へ行ってきた。  知床半島へは、学生時代に登山や縦走で3度ほど、その後20年前までに3、4度訪れたことがあ…

続きを読むread more

鳴門渦;金星食;登山電車;アナグマ;立山雪渓;ポプラ;北極グ氷床融解

   淡路島 南あわじ市 鳴門海峡(2012.4.30)、観潮船「咸臨丸」から「日本丸」を見る  鳴門の渦潮(前)   成瀬廉二、2012/05/07、No.2313  鳴門海峡の渦潮は、中学生時代の修学旅行で一度だけ見物したことがある。徳島県の鳴門市側から小型観光舟に乗り、大きな渦を目のあたりにしたことを鮮明に覚えている。いつ…

続きを読むread more

さくら咲く、民博、左巻渦、雪授業、カキツバタ、ハマナス

さくら開花か?(鳥取)    成瀬廉二、2012/04/04、No.2299  昨(3)日、鳥取地方気象台は、以下の発表を行った。  =============  鳥取でさくら(そめいよしの)が開花しました。  本日(4月3日)、久松公園のさくらの標本木が開花しました。  平年(3月31日)より3日遅い開花となりました。 …

続きを読むread more

鳥取の山(1)-(8);台風縦断;竜巻;那岐山;梅雨明け;氷ノ山;猛暑;道後山

       鳥取砂丘近傍から見た伯耆大山(2012.1.18) 鳥取から見える山 (1)       成瀬廉二、2012/03/16、No.2293  30年ほど前、「札幌から見える山」という絵と写真のエッセー集が出版された(朝比奈・鮫島編、1981、北大図書刊行会)。この本を初めて手にしたとき、札幌市街から思いがけない山が見える…

続きを読むread more

南極便り (1-4);しらせ砕氷航海;南極52-53次隊;Ice Rises;映画南極

南極だより (1)            澤柿 教伸、2012/02/20、No.2281 (2012.1.30、昭和基地発)      ブリザードになるというので氷河上のキャンプから昭和基地に来ました。2か月ぶりのオンライン環境です。これまでいたラングホブデ氷河の写真です。…

続きを読むread more

2012新年;雪密度;少日照;大雪;豪雪年;雪観察;寒冬;鳥取雪;スカブラ

新年を迎えて             2012/01/01、No.2257  本年も、皆さま健やかで、実り多い年となることを祈願いたします。  今年の鳥取の正月は、2007年以来5年ぶりの雪のない元旦です(写真、13:00)。とは言え、積雪がないのは道路、広いグラウンド、屋根、樹幹などで、鳥取地方気象台の計測では、本日13:00…

続きを読むread more

ポルトガル・スペインの旅 (1)-(8)

ポルトガル・スペインの旅 (1)                                   成瀬廉二、2011/11/28、No.2238  [写真]ポルトガル・シントラ(Sintra)の丘、ムーア城址(Castelo dos Mouros).右下に見える街はシントラ、円錐形の塔(煙突)がある建物がシントラ王宮である。…

続きを読むread more

三徳山;扇山;熊管理;扇山;ブナ;大山;らっきょ;邪馬台国;鐘乳穴;curling

三徳山、行者道の保全                   2011/10/13、No.2221  地方紙と鳥取県のウェブサイトで、9日「三徳山の保全と活用-行者道の荒廃をくいとめられるか-」というシンポジウムが開催されることを、さらにパネリストとして旧知の渡邊悌二氏(北大地球環境研教授)が参加することを知り、興味深いテーマであり、か…

続きを読むread more

温暖化;奥大山雪崩報告;11年夏暑さ;台風6、12号;猛暑

新平年値にみる温暖化          成瀬廉二、2011/06/26、No.2181  気象庁では、ある地点における気象データの30年間の平均値を平年値とし、10年ごとに更新している。先月までは、1971~2000年観測による平年値を使用していたが、本年5月18日からは1981~2010年の平均値が新しい平年値となった。  新…

続きを読むread more

桜満開;砂丘清掃;風力発;小水力;太陽発;黄砂;残雪大山;ハロ

桜、満開を過ぎる  成瀬廉二、2011/04/14、No.2153  鳥取地方気象台の発表によると、4月8日、鳥取市久松公園のソメイヨシノ標本木が満開となった。平年と同じ、昨年より4日遅れであった。  私の観察では、4月10日(日)が、ほぼ全てのサクラが満開になったようだ。この土・日は、終日晴…

続きを読むread more

東日本大震災、淡路断層、地震学、論(西田)、津波堆積、論(平川)、防潮扉、チリ地震

東日本大震災           2011/03/13、No.2136  一昨日(3月11日)夕、東北関東地方沖の巨大地震の報を聞いてから、ほぼ終日テレビに釘付けになりました。地震による間接的災害(石油タンクの火災、原発炉心溶融危機、他)も然ることながら、津波の被害は空前、壮絶、甚大で言葉がありません。  地震は予測できないけれ…

続きを読むread more

(2) 『パタゴニア氷河研究の萌芽-1960年代の学術探検- 』 (後編) 

=後編= 4.パタゴニア南氷原・HPS10氷河調査(京大) 5.南パタゴニアの氷河探策と登山(東工大) 6.あとがき  文 献 =前編= 要 旨 1.はじめに 2.パタゴニア北氷原の氷河調査  (北海道大学 第2次パタゴニア調査隊) 3.南氷原を横断してウプサラ氷河へ  (六甲学院山岳会 パタゴニア登山隊 …

続きを読むread more

(1) 『パタゴニア氷河研究の萌芽-1960年代の学術探検-』 (前編)

  [2011年1月、日本雪氷学会誌「雪氷」に発表] =前編= 要 旨 1.はじめに 2.パタゴニア北氷原の氷河調査(北大) 3.南氷原を横断してウプサラ氷河へ(六甲学院) =後編= 4.パタゴニア南氷原・HPS10氷河調査  (京大探検部アンデス学術調査隊) 5.南パタゴニアの氷河探策と登山  …

続きを読むread more

富士;10年気温;11新年;大雪;雪重;厳寒;智頭;雪祭;根雪;大山雪崩;雪観察

雪化粧の富士山                   2010/11/29、No.2104  10日前のことだが、19日朝9時頃、東京の新宿付近から、上半分が雪化粧した富士山がとてもきれいに見えた。高層ビルの合間からなので、普通のハンディデジカメでは写真にならないので撮るのはあきらめた。この時、東京の気象台では快晴、視程50キロメートル…

続きを読むread more

大山登山;極シンポ;玄武洞;石見銀山;魚附林;マチュピ棚田

  大山(だいせん)登山         成瀬廉二、2010/10/25、No.2097  涼しくなったらと計画していたので、紅葉には早かったが、10月初旬(5日)、大山へ登った。大山(剣ヶ峰:1,729 m)は中国地方5県の中で最高峰、最後の噴火は約1万年前の比較的古い火山である。  全国に「大山」という地名・山名は58あるが…

続きを読むread more

ウズベキスタンの旅

ウズベキスタンの旅 (前) 成瀬廉二、2010/09/16、No.2080  9月5日から14日にかけて、中央アジア・シルクロードの拠点、かつどちらの方向も2つ以上の国を経ないと海に達しないという”典型的な内陸”の国、ウズベキスタンを訪れた。1991年まではソビエト連邦に属していたウズベキスタン共和国は、紀元前…

続きを読むread more

鷲峰山;梅雨;IGS;ブナ探策;鹿床;菊;砂丘Talk;猛暑;化石;森療;熱夜;渇水;雪氷会

鷲峰山のブナ原生林とスギ人工林 成瀬廉二、2010/06/13、No.2044  鳥取市鹿野町の鷲峰山(じゅうぼうさん:標高921m)に先週(6月5日)登ってきた。低い山だが、北側の里から見ると鷲が翼を広げているような形をしているため鷲峰山と呼ばれ、雄大な姿のため古くから住民に親しまれ、数多くの伝説がある。  写…

続きを読むread more

10年雪;氷ノ山雪;10年冷夏;11年初雪;Xマス雪;殿ダム

この冬の鳥取の積雪 成瀬廉二、2010/05/13、No.2033  山は新緑、麓の公園や庭園には次々に花が咲き乱れる頃、いかにも季節はずれの話題だと我ながら思う。  しかし、一冬のデータを振り返って見るのは、雪の季節が終わった春から夏になるのは致し方ない。せっかく、昨冬に続いて「響…

続きを読むread more

2010新年;大氷山漂流;シガ,ユギ;今冬の雪;恐竜化石;玉珠峰登山;砂壁;ヒヨドリ;梅開花

新年を迎えて     成瀬廉二、2010/01/01、No.1979         あけましておめでとうございます。  新年にあたり、皆さまのご多幸と健康、ならびにお仕事、研究、勉学などの成就と発展をお祈りいたします。             (写真上:南極周辺海洋を漂う氷山.1993年2月)  今年の正月も、3年連続…

続きを読むread more

東アフリカの旅 (1)-(8)

東アフリカの旅 (1)  {エジプト・エチオピア・タンザニア紀行}                成瀬廉二、2009/12/03、No.1963  ワークショップ(氷河ハザードの国際集会)参加のついでか、おまけか、この計画が先にあったのかあまり定かではないが、ウィーン会議の後10日間ほど、アフリカの一端を垣間見る旅に行くことにした。 …

続きを読むread more

氷河ハザード研究集会、51次南極出発、ウィーンの旅(Photos)

氷河ハザードの国際集会 (上)      成瀬廉二、2009/11/27、No.1960    標記(略称)の会合が、11月10日から13日までオーストリー・ウィーンのボク(Boku)大学および隣接のホテルにて開催され、各国から約70名の研究者、技術者が出席した。(氷河ハザードとは一般の人には馴染みのない用語であり、その意味と内容につ…

続きを読むread more

蝶;砂像;梅雨;佐用豪雨;奥大山;砂除草;化石;富士雪;黄砂霧;F黄砂;河合谷S;花粉

アカボシゴマダラ (I)     新井洸三、2009/09/19、No.1918  後翅に赤色の環状斑がある大型の蝶(70-85 mm)。  図鑑には「中国大陸や朝鮮半島に広く分布し日本では奄美諸島のみに分布する珍しい蝶」と紹介されており、また将来絶滅の可能性があるとも・・・・  しかし最近関東地方における目撃例が頻繁に報…

続きを読むread more

ハバードglサージ;氷河写真・絵画;北極glサージ;黒点ゼロ;氷期・氷河期;化石;地学会”

ハバード氷河でサージ発生    成瀬廉二、2009/07/26、No.1844  カナダ・ユーコン州から米アラスカ・ヤクタット村へ流出しているハバード(Hubbard)氷河の上流域で、最近氷河サージが発生した。写真は、飛行機から撮影された同氷河の涵養域の状況である(Photo: Lance Goodwin, Icefield Dis…

続きを読むread more

日食、ゴミ処理;山陰GP、環境大、露基地、雪氷会、micro水力

日食観察                          2009/07/22、No.1829  本(22)日、鳥取大学構内で日食の観察会が開かれた。これは、全学共通教育科目「地球科学実験演習」の実験項目の一環として、および一般市民や学生への公開イベントであった。  観察用に、鳥取大学に新規に導入されたビクセン望遠鏡、および佐…
コメント:0

続きを読むread more

ブナ林;水草;紅葉氷ノ山;那岐山;ナラ枯;らっき;ブナシンポ;梅

大山ブナ林の自然歩道ハイク    成瀬廉二、2009/07/14、No.1812  昨(13)日、伯耆大山の北側中腹、川床(標高700m)から大休峠(1100m)まで往復8 kmを散策(hike)した。全行程、ブナ、ナラ等の原生林である。  この登山道は、中国5県を通してつながる総延長2000 km超の中国自然歩道の一部である。…

続きを読むread more

スイス氷河;エクアドル・ペルー・ボリビアの氷河

スイスの氷河が10年で12%を損失.   杉山 慎、2009/06/24、No.1805 こんにちは、北大低温科学研究所の杉山です。 この夏は氷河の観測でスイスに来ています。 昨日、スイスの共同研究者たちが、 表題のような研究結果をプレスレリースしました。 最近10年(1999-2008年)でスイスの氷河が失った氷は、 全体…
コメント:0

続きを読むread more