氷河辞典;Norwey; Jorge氷河;氷山;Mer de;Iceland;スバル;氷河溶水

『氷河・雪氷圏辞典』と改称   成瀬廉二、2009/05/03(Sun)、No.1789  2006年3月に初版を公開して以来、『氷河・雪氷圏ミニ辞典』は皆さまのご愛顧、活用、支援の下で成長、発展してきましたが、このたび辞典の名称から「ミニ」をとり、『氷河・雪氷圏辞典』(略称:氷河Web辞典、ウェブ辞典)と改称することにしました。あわ…

続きを読むread more

鳥取大雪、飛花粉、高温予報;Web辞典;桜満開;氷ノ山・大山積雪

1月の鳥取は8年ぶりの大雪   成瀬廉二、2009/02/09(Mon)、 No.1767  気象庁発表によると、2009年1月の日本の天候は、*北日本は顕著な高温、*北・東日本の日本海側で降雪はかなり少ない、というものであった。しかし、西日本の日本海側(すなわち山陰地方)では、例年に比べて気温はやや低く、降雪量はかなり多かった。 …

続きを読むread more

南極温暖化、南極展、なぞの南極大陸、

*投稿日:09.1.26~4.25 ふたたび、「南極は温暖化しているか?」    成瀬廉二、2009/01/26(Mon)、No.1763  1.22付け朝日新聞の社会面に、「全南極やっぱり温暖化」(50年分データ 米チーム解析)―「半島だけ」定説覆す―、という記事が載った。筆者は、南極越冬経験者の中山由美記者である。  南極の…

続きを読むread more

山紅葉;農漁業;ラッキョウ;09新年;環境本

大山にて:紅葉 市谷年弘、2008/11/09(Sun) 、 No.1728  わたしの自己紹介をします。わたしは、岡山理科大学大学院で花粉分析を専門として、「山口県徳佐盆地68m湖成堆積物の花粉分析」で修士号を取りました。  その徳佐盆地の堆積物で、過去3回の氷期に挟まれる2回の間氷期を花粉化石から解明しました。このことから、…

続きを読むread more

『地球温暖化と南極氷』『パタゴニア研究の黎明』『気象異変』『南極氷、氷山、氷河崩壊』

(講演:2008年9月21日)  『地球温暖化と南極の氷』    成瀬 廉二 1.地球温暖化は人間活動の影響か?  海、砂漠、森林、都会、極地など地球上の全ての地域を含めた平均気温の10年あたりの上昇率は、過去150年で0.045℃、100年で0.074℃、50年で0.128℃でした(IPCC:気候変動に関する政府…

続きを読むread more

アイルランドの旅(1)-(6)、英ナショナルトラスト

     (アイルランド西部Burren高原のドラムリンの丘.2008.8.20)      アイルランドの旅(1) 成瀬廉二、2008/08/31(Sun)、No.1700  アイルランド(Ireland)はイギリス(Great Britain)の西隣り、北海道とほぼ同じ面積の島国である。同島の北5/6(北アイルランド)はイギリス…

続きを読むread more

凍土、雪氷会、南極10、雪崩DB、CO広告、三徳、化石、GP、雪形、気台

永久凍土の融解   矢吹 裕伯、2008/08/01(Fri)、No.1694 本日は永久凍土の話です。 先日NHKの「ちょっと変だぞ日本の自然 III」にてシベリアの凍土が融解している話がありました。 恥ずかしながら小生が現地で永久凍土の融解に関して若干の解説をしている部分が放映されました。(現地では何日も取材を受けた…

続きを読むread more

ブータン氷河湖、氷河ダム、氷山匂い、氷河カテーテル

 ブータンの氷河,氷河湖(1)   内藤望、2008/05/29(Thu)、No.1678   少し(大分?)古い話題で恐縮ですが、1998, 1999, 2002年(いずれも秋期)に現地調査に訪れたブータン・ヒマラヤの氷河と氷河湖について、順次紹介していこうと思います。 1回で紹介するのは難しいので(&話題提供のネ…

続きを読むread more

『変動する世界の氷河、海面変動』、『地球温暖化とNPO法人』

[講演]{2007年5月} (講演)『変動する世界の氷河、および地球温暖化と海面変動』     図1.ウプサラ氷河の末端付近(上:1993年11月、下:1999年3月) 1.多くの山岳氷河は後退(縮小)傾向  昨今、世界各地の山岳氷河が激しく後退している実情が報告されている。一例として、南米パ…

続きを読むread more

カラコル;氷温;パタ;オーギブ;モンゴル;マッキン;アラスカ;キリマ;南極模型;南極温暖化”

スパンティーク峰(カラコルム)登山.  森田富雄(鳥取・久松山岳会)、2008/02/08 、 No.1632  昨(1997)年7月から8月にかけて、労山(日本勤労者山岳連盟)主催で、パキスタン・カラコルムのスパンティーク峰(7027m:写真)の登山を行った。  日本各地の山岳会から集まったメンバー11人の内、50歳台は…

続きを読むread more

南極融解;融解流出;新南極船;凍土;両極氷;南極画家;南極氷床崩壊

南極で融解進む?     松岡健一、2008/01/30(Wed)、No.1631 2番目のレギュラー投稿者であるはずの松岡と申します。体調を崩し寝込んだうえ直後から外国出張があり、連載早速早々穴を開けてしまい、大変に失礼しました。 遅ればせながら、最近日本の新聞でも報道されていた、南極関する論文を紹介したいと思いま…

続きを読むread more

氷ノ山雪;地下水;寿都;スキー場雪;山雪;雪形;浜益;測候所;O3;オキシ

わかさ氷ノ山に待望の雪  (投稿、2008年1月7日)          成瀬廉二、田中三弥子、2008/01/07(Mon)、No.1625  鳥取県の代表的スキー場である若桜の氷ノ山および大山の豪円山などは、12月下旬にスキー場開きのイベントを行ったものの、雪不足あるいは積雪ゼロのため休業のやむなきに到った。  ようや…

続きを読むread more

[アルバム] Marathon II (2008~2013)

  2008.2.17 (第2回)東京マラソン2008(フルマラソン):(上)スタート30分前、新宿都庁前。 (下)ゴール(東京有明、ビッグサイト)付近: Net time 4h 40m 46s)      2008.4.20 日吉ダムマラソン (ハーフ)      2008.6.1 若狭あじさいマラソン (ハーフ) …

続きを読むread more

[アルバム] Marathon I (2003~2007)

{2003年以降に出場した主なマラソンレース (2002年以前は、ディジタル写真なし)}          2003.3.9 小田原尊徳マラソン (10km)      2003.5.18 ラニング・オン・SAPPORO (10km)      2003.6.22 おたる運河ロードレース (10km)      20…

続きを読むread more

西表島;08新年、海岸ゴミ、USA院、雪氷災害調査、桜 

No.1618 石垣島から西表島へ     成瀬廉二、2007/12/01(Sat)  11月18日、和歌山県の山間の温泉で第10次南極観測隊(1968-1970)のOB会があり、続いて23日、沖縄にて第34次南極観測隊(1992-1994)のOB会が開かれ、出席した。  せっかくのチャンスなので、その間の4日間、那覇から脚を伸ば…

続きを読むread more

大山冠雪、ハード雪崩、虹、雪尺、氷ノ山雪、観測点、大山雪、氷棒

No.1614    大山、初冠雪        成瀬廉二、 2007/11/13(Tue)  11月11日、NPO関連の会合・他のため米子へ行き、昨日、大山の紅葉を見がてら来冬の「雪の観察会」([活動・行事]のページ参照)の段取り予察のため大山中腹の大山寺へ行ってきた。  あいにくの霰(あられ)もようで、大山寺より上部は…

続きを読むread more

『氷河はなぜ青い?』『氷河はなぜ流れる?』『雪は解ける?』

氷河の氷はなぜ青いのか?  氷河を訪れたとき、あるいは氷河のカラー写真をながめたとき、しばしばその鮮やかな青さに魅入られます(写真1:ウプサラ氷河から崩落した氷山)。「氷河の氷はなぜ青い?」は、多くの人が抱く疑問だと思います。                              まず、氷河がどういう時に、どういう所が…

続きを読むread more

アルプスの氷河質問;航空測量;融氷;続キリマン;北極氷;Green融解"

No.1593    氷河の質問    三上真穂、 (Date: Sat, 11 Aug 2007)  はじめまして。  私は小学4年生で、夏休みの自由研究で氷河について調べています。  今、スイスのジュネーブの近くに住んでいます。    氷河について質問させてください。 質問1 どうして氷河は青く見えるものと白く見える…

続きを読むread more

イタリーの旅(前、後)

No.1591 イタリー旅行(前)         投稿日:2007/07/22(Sun)  7月5日から18日までイタリーへ行ってきた。第1の目的は地球科学に関する総合シンポジウムに出席することであった。その会合とは、国際測地学・地球物理学連合(IUGG)の総会であり、気象、海洋、陸水から地震、火山、地磁気、惑星まで広い…

続きを読むread more

日アルプ;黄砂;雪藻;赤雪;野外実習;環境大;Prof;氷河グル;天廃油

No.1585  日本のアルプス            成瀬廉二、2007/06/23(Sat)  日本にも、北、中央、南の接頭語がついた3つのアルプスがあることは小学生の頃から知っていた。その内登ったことがあるのは、北アルプスの数個の山だけである。  中央アルプス、南アルプスの山々は、車窓からとか、どこかの山の頂上から部…

続きを読むread more

不都合真実;キリマン氷河;暖冬温暖化

 不都合な真実          成瀬廉二、2007/03/30(Fri)、 No.1553  六本木ヒルズの映画館で”不都合な真実(An Inconvenient Truth)”を観た。「南極、北極や、ヒマラヤ、パタゴニアの氷河の映像は迫力があった」と知人から聞いていたので、是非にと思っていた。  アル・ゴア(Al Gore)が…

続きを読むread more

南米の旅 (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10) ;氷河洞穴

  “南アメリカの旅 (1)”   2007/02/06、No.1533           [写真]ブラジル側から見たイグアスの滝(2007.1.18)  1967年から40か年の間に計10回訪れた南米パタゴニアの地へ、退職したらゆっくり時間をかけて再訪したいと思っていた。同時に、今まで行きたかったが、氷河調査の前後では日程的な制…

続きを読むread more

下降風;海底探;極春;洞穴;極夏;西南極;水使用;南極融;氷掘削;日ス旅

「ハイドロリックジャンプ」  澤柿教伸(47次南極越冬隊)、 2006/10/01(Sun)、 No.1055 南極大陸は,鏡餅のような氷でできたドームの形をしています.その中心部の標高は4000m近くあり,海岸線から内陸に向かって標高を上げますが,それに伴って表面の気温も低下します.内陸部でつめたく冷やされた空気は重く,お…

続きを読むread more

アイスランドの旅(2006.6)、『シンポ:氷と火山』

No.537 「アイスランドの旅 (前)」 (2006.7.1投稿)    成瀬廉二、2006/07/01(Sat)       [Photo]ゲイシールの間歇泉(2006.6.24)  6月18日から27日までアイスランドへ行ってきました。火山と氷河に関する国際学会(*)出席と会議後の研修旅行に参加するためです。  私は…

続きを読むread more

『南極測量旅行記』『やまと隕石の拾得』『村山氏追悼』『ブルとホセの生涯』

(南極-1969回顧)『氷床の流れを調べる測量旅行記』                                   成瀬廉二 1.南極の氷は増えているか、減っているか?  日本が南極観測を開始した1956年前後の頃、南極の氷に関する最も重要と考えられていた課題は「南極の氷は増えているか、減っているか?」ということであっ…

続きを読むread more

便り;G授業;祝HP;ランゲル;W大;南極便り;実習;氷山CM;航空気象;大山雪;十日町;伊吹山

[Photo]アラスカ、ランゲル山(2006.6.20, by S. Kanamori) 季節のたより                            竹内由香里(Takeuchi, Yukari)、 2006/03/31(Fri) , No.4  桜の話題が多い季節になり,大雪が…

続きを読むread more

NPO法人氷河・雪氷圏環境研究舎[定款]

                                (法人設立:2005年12月14日)                       定款 (初版) 第1章 総則 (名称)  第1条 この法人は、特定非営利活動法人 氷河・雪氷圏環境研究舎という。 (事務所) 第2条 この法人は、事務所を鳥取県鳥取市東町2丁目33…

続きを読むread more