テーマ:外国旅行

東ヨーロッパの旅 (1)-(16)

(投稿日:2019.10.12~11.27)   [Photo] リラ修道院(ブルガリア) (1) 経由国カタール  9月30日深夜24:00羽田を発って、ブルガリアとルーマニアを訪問し、台風接近の直前、10月10日夜羽田へ帰着した。  日本から東ヨーロッパの主要国へは、航空各社により、ミュンヘン、フランクフルト、パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中米の旅 (1)-(16):メキシコ・ベリーズ・キューバ紀行

 [Photo: ベリーズ・シティ沖合いの珊瑚礁の島(アンバーグリース・キー)]  今回の旅(2019年2月5日~16日)の行き先は、中部アメリカ(Middle America:中米)とカリブの一部地域である。 『(1) ユカタン半島』   5年前の2014年1~2月、パナマ、コスタリカ、メキシコの3か国を訪れた。パナマではパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス・アルプスの旅 (1)-(13)

 (投稿日:2018/07/13~08/21)                [Photo] アレッチ氷河(2018.7.7) (1) *はじめに*  スイスには今までに3回行ったことがある。いずれも国際研究集会に出席した後、研究打ち合わせとか氷河予察などの名目で、個人的な旅行をしたものだった。  1987年は、ドイツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] スイスの山と氷河

モルテラッチ氷河(Morteratsch Glacier )      [スイス南東部エンガディンEngadin地方]   (1987年、2018年)         氷河上のトレッカー         氷河末端の氷壁      氷河末端にてBruno Salmと成瀬廉二 (以上、1987年9月18日). …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] フランスの氷河とその周辺

                          エギュイユ・デュ・ミディからモンブラン山群 2012.9.4 成田---  9.5 ---パリ---ジュネーブ・・(鉄道)・・ローザンヌ・・・・マルティグニ・・・・シャモニ                 ジュネーブ駅(スイス)                      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム]世界の氷河研究者

Glaciologists of International Glaciological Society, 1966-2010. [世界の氷河研究者(1966-2010年)]     「極地雪氷学」懇親会(1966年8月、札幌) [前列左から]Y.松川、__、T.O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南ドイツとチェコの旅 (1-9)

  (Photo: Neuschwanstein Castle) (1) ミュンヘン へ  投稿日:2017/10/19、No.396  2017年10月11日朝、鳥取を発って羽田で乗り継ぎ、同夕ミュンヘンへ着いた。南ドイツ・バイエルン地方の10月は初秋かと思っていたが、朝夕の寒暖が著しく、街行く人々にはTシャツ姿から冬のコートま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北・東カナダの旅 (1-9)

    (Photo: Miles Canyon, the Yukon River) (1) 序        投稿日:2017/07/13、No.370  カナダには、15年~40年前、氷河関係のシンポジウムや会合、あるいは氷河の予備調査のために3回行ったことがある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧の旅 (1~8)

ソグネ・フィヨルド(ノルウェー,  2016年6月) 1. ストックホルム  今回の旅は、フィンランド航空(Finnair)のみを利用する。6月20日朝関西空港を発ち、ヘルシンキ(フィンランド)で乗り継ぎ、同日夕、スウェーデンの首都ストックホルムに着いた。  北ヨーロッパ各地をゆっくり旅行したわけではないので「北欧の旅」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランドの旅 (10)~(18)

[Photo: ティリティリ島サンクチュアリ。数千人のボランティアの力により、150年前の森林生態系が復活し、多くの旅行者が自然観察に訪れている。] (10) 南極センター                 投稿日:2015/12/14、No.215  クライストチャーチで南極センター(Intern…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランドの旅 (1)~(9)

[Photo: マウント・クック。雪と氷で被われた鋭いピークの右が主峰(3724 m)、左が副峰(3593 m)、その左下の円いピークはヒックス山(Mount Hicks, 3216 m);2015年11月16日、クック・ビレッジから] {本稿は、NPO法人氷河・雪氷圏環境研究舎ウェブサイトのBBS「情報の広場」にて、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中部アメリカの旅 (14)-(22):メキシコ

(14) メキシコ (a)  メキシコ(合衆)国は、アメリカ合衆国の南に隣接し、面積は日本の約5倍、人口は日本とほぼ同程度の中部アメリカの大国である。ヨーロッパ人が新大陸を発見し、遠征してくる16世紀よりもっともっと前の紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中部アメリカの旅 (1)-(13):パナマ・コスタリカ

(1) はじめに                       (投稿:2014.2-3)  2014年1月22日から2月8日まで、パナマ、コスタリカ、メキシコの3か国を訪れた。本稿は、何回のシリーズになるかは未定だが、その旅の見聞記である。                 (マヌエル・アントニオ国立公園、コスタリカ)  中央ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャモニ・モンブランの旅 (1) - (15)

(2012.9.4-9.13)              モンブラン(Mont Blanc[白い山]: 4810 m)  (1) No.2352  標高3000~4000 m級の山々が連なり、登山、スキー、氷河研究の発祥の地の一つでもあるシャモニ・モンブラン地方は、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル・スペインの旅 (1)-(8)

ポルトガル・スペインの旅 (1)                                   成瀬廉二、2011/11/28、No.2238  [写真]ポルトガル・シントラ(Sintra)の丘、ムーア城址(Castelo dos Mouros).右下に見える街はシントラ、円錐形の塔(煙突)がある建物がシントラ王宮である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタンの旅

ウズベキスタンの旅 (前) 成瀬廉二、2010/09/16、No.2080  9月5日から14日にかけて、中央アジア・シルクロードの拠点、かつどちらの方向も2つ以上の国を経ないと海に達しないという”典型的な内陸”の国、ウズベキスタンを訪れた。1991年まではソビエト連邦に属していたウズベキスタン共和国は、紀元前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アフリカの旅 (1)-(8)

東アフリカの旅 (1)  {エジプト・エチオピア・タンザニア紀行}                成瀬廉二、2009/12/03、No.1963  ワークショップ(氷河ハザードの国際集会)参加のついでか、おまけか、この計画が先にあったのかあまり定かではないが、ウィーン会議の後10日間ほど、アフリカの一端を垣間見る旅に行くことにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷河ハザード研究集会、51次南極出発、ウィーンの旅(Photos)

氷河ハザードの国際集会 (上)      成瀬廉二、2009/11/27、No.1960    標記(略称)の会合が、11月10日から13日までオーストリー・ウィーンのボク(Boku)大学および隣接のホテルにて開催され、各国から約70名の研究者、技術者が出席した。(氷河ハザードとは一般の人には馴染みのない用語であり、その意味と内容につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランドの旅(1)-(6)、英ナショナルトラスト

     (アイルランド西部Burren高原のドラムリンの丘.2008.8.20)      アイルランドの旅(1) 成瀬廉二、2008/08/31(Sun)、No.1700  アイルランド(Ireland)はイギリス(Great Britain)の西隣り、北海道とほぼ同じ面積の島国である。同島の北5/6(北アイルランド)はイギリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリーの旅(前、後)

No.1591 イタリー旅行(前)         投稿日:2007/07/22(Sun)  7月5日から18日までイタリーへ行ってきた。第1の目的は地球科学に関する総合シンポジウムに出席することであった。その会合とは、国際測地学・地球物理学連合(IUGG)の総会であり、気象、海洋、陸水から地震、火山、地磁気、惑星まで広い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米の旅 (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10) ;氷河洞穴

  “南アメリカの旅 (1)”   2007/02/06、No.1533           [写真]ブラジル側から見たイグアスの滝(2007.1.18)  1967年から40か年の間に計10回訪れた南米パタゴニアの地へ、退職したらゆっくり時間をかけて再訪したいと思っていた。同時に、今まで行きたかったが、氷河調査の前後では日程的な制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイスランドの旅(2006.6)、『シンポ:氷と火山』

No.537 「アイスランドの旅 (前)」 (2006.7.1投稿)    成瀬廉二、2006/07/01(Sat)       [Photo]ゲイシールの間歇泉(2006.6.24)  6月18日から27日までアイスランドへ行ってきました。火山と氷河に関する国際学会(*)出席と会議後の研修旅行に参加するためです。  私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more