テーマ:氷河

スイス・アルプスの旅 (1)-(13)

 (投稿日:2018/07/13~08/21)                [Photo] アレッチ氷河(2018.7.7) (1) *はじめに*  スイスには今までに3回行ったことがある。いずれも国際研究集会に出席した後、研究打ち合わせとか氷河予察などの名目で、個人的な旅行をしたものだった。  1987年は、ドイツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタゴニア氷河50周年、探検かトレッキングか?

  (Photo) パンパ・デ・ニエベ氷河にて、調査メンバーと開拓牧場主+犬(1967年2月) パタゴニア氷河研究50周年 投稿日:2018/06/07、No.451  「4大学パタゴニア氷河探検50周年およびパタゴニア氷河研究計画35周年記念」シンポジウムとパーティー『パタゴニアの氷河を語る』が、6月4日(月)、東京千代田区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] スイスの山と氷河

モルテラッチ氷河(Morteratsch Glacier )      [スイス南東部エンガディンEngadin地方]   (1987年、2018年)         氷河上のトレッカー         氷河末端の氷壁      氷河末端にてBruno Salmと成瀬廉二 (以上、1987年9月18日). …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] フランスの氷河とその周辺

                          エギュイユ・デュ・ミディからモンブラン山群 2012.9.4 成田---  9.5 ---パリ---ジュネーブ・・(鉄道)・・ローザンヌ・・・・マルティグニ・・・・シャモニ                 ジュネーブ駅(スイス)                      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] チリの氷河

      北パタゴニア氷原(Northern Patagonia Icefield)の氷河  サン・ヴァレンティン山(San Valentin: 3910m)と北東壁の氷河(1967年2月)  パンパ・デ・ニエベ(Pampa de Nieve)氷河(1967年2月)   (上)シルコ(Circo)氷河、(下)同氷河から見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム] アルゼンチンの氷河

       南パタゴニア氷原(Southern Patagonia Icefield)  ペリート・モレノ(Perito Moreno)氷河.(上)上流涵養域を望む(1999年12月)、(中)中流域の観測地域(1993年12月)、(下)氷河の末端崩壊(カービング:1999年12月)  ペリート・モレノ氷河の対岸展望所から見る氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊書「南極と氷河の旅」(概要、書評、紹介)

<地球環境や氷河のサイエンスエッセー> 成瀬廉二 著  (発行)新風書房、ISBN978-4-88269-777-0  新書判、240ページ、定価(800円+税)  (発行日)2013年4月1日  *全国の書店にて販売、または注文受付中. ** http://www.shimpu.co.jp/bookstor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[アルバム]世界の氷河研究者

Glaciologists of International Glaciological Society, 1966-2010. [世界の氷河研究者(1966-2010年)]     「極地雪氷学」懇親会(1966年8月、札幌) [前列左から]Y.松川、__、T.O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャモニ・モンブランの旅 (1) - (15)

(2012.9.4-9.13)              モンブラン(Mont Blanc[白い山]: 4810 m)  (1) No.2352  標高3000~4000 m級の山々が連なり、登山、スキー、氷河研究の発祥の地の一つでもあるシャモニ・モンブラン地方は、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(2) 『パタゴニア氷河研究の萌芽-1960年代の学術探検- 』 (後編) 

=後編= 4.パタゴニア南氷原・HPS10氷河調査(京大) 5.南パタゴニアの氷河探策と登山(東工大) 6.あとがき  文 献 =前編= 要 旨 1.はじめに 2.パタゴニア北氷原の氷河調査  (北海道大学 第2次パタゴニア調査隊) 3.南氷原を横断してウプサラ氷河へ  (六甲学院山岳会 パタゴニア登山隊 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(1) 『パタゴニア氷河研究の萌芽-1960年代の学術探検-』 (前編)

  [2011年1月、日本雪氷学会誌「雪氷」に発表] =前編= 要 旨 1.はじめに 2.パタゴニア北氷原の氷河調査(北大) 3.南氷原を横断してウプサラ氷河へ(六甲学院) =後編= 4.パタゴニア南氷原・HPS10氷河調査  (京大探検部アンデス学術調査隊) 5.南パタゴニアの氷河探策と登山  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷河ハザード研究集会、51次南極出発、ウィーンの旅(Photos)

氷河ハザードの国際集会 (上)      成瀬廉二、2009/11/27、No.1960    標記(略称)の会合が、11月10日から13日までオーストリー・ウィーンのボク(Boku)大学および隣接のホテルにて開催され、各国から約70名の研究者、技術者が出席した。(氷河ハザードとは一般の人には馴染みのない用語であり、その意味と内容につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハバードglサージ;氷河写真・絵画;北極glサージ;黒点ゼロ;氷期・氷河期;化石;地学会”

ハバード氷河でサージ発生    成瀬廉二、2009/07/26、No.1844  カナダ・ユーコン州から米アラスカ・ヤクタット村へ流出しているハバード(Hubbard)氷河の上流域で、最近氷河サージが発生した。写真は、飛行機から撮影された同氷河の涵養域の状況である(Photo: Lance Goodwin, Icefield Dis…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス氷河;エクアドル・ペルー・ボリビアの氷河

スイスの氷河が10年で12%を損失.   杉山 慎、2009/06/24、No.1805 こんにちは、北大低温科学研究所の杉山です。 この夏は氷河の観測でスイスに来ています。 昨日、スイスの共同研究者たちが、 表題のような研究結果をプレスレリースしました。 最近10年(1999-2008年)でスイスの氷河が失った氷は、 全体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷河辞典;Norwey; Jorge氷河;氷山;Mer de;Iceland;スバル;氷河溶水

『氷河・雪氷圏辞典』と改称   成瀬廉二、2009/05/03(Sun)、No.1789  2006年3月に初版を公開して以来、『氷河・雪氷圏ミニ辞典』は皆さまのご愛顧、活用、支援の下で成長、発展してきましたが、このたび辞典の名称から「ミニ」をとり、『氷河・雪氷圏辞典』(略称:氷河Web辞典、ウェブ辞典)と改称することにしました。あわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北極氷河サージ、パタゴニア堆積物、氷河洞穴

スピッツベルゲン島で氷河のサージ発生   成瀬廉二、2009/04/11(Sat)、 No.1782  地球最北の大学The University Centre in Svalbard(スバールバル諸島ロングイヤーベーン)で氷河サージ(surge)の研究一筋のPh.D.院生Monica Sund から寄せられたニュースである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球温暖化と南極氷』『パタゴニア研究の黎明』『気象異変』『南極氷、氷山、氷河崩壊』

(講演:2008年9月21日)  『地球温暖化と南極の氷』    成瀬 廉二 1.地球温暖化は人間活動の影響か?  海、砂漠、森林、都会、極地など地球上の全ての地域を含めた平均気温の10年あたりの上昇率は、過去150年で0.045℃、100年で0.074℃、50年で0.128℃でした(IPCC:気候変動に関する政府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランドの旅(1)-(6)、英ナショナルトラスト

     (アイルランド西部Burren高原のドラムリンの丘.2008.8.20)      アイルランドの旅(1) 成瀬廉二、2008/08/31(Sun)、No.1700  アイルランド(Ireland)はイギリス(Great Britain)の西隣り、北海道とほぼ同じ面積の島国である。同島の北5/6(北アイルランド)はイギリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブータン氷河湖、氷河ダム、氷山匂い、氷河カテーテル

 ブータンの氷河,氷河湖(1)   内藤望、2008/05/29(Thu)、No.1678   少し(大分?)古い話題で恐縮ですが、1998, 1999, 2002年(いずれも秋期)に現地調査に訪れたブータン・ヒマラヤの氷河と氷河湖について、順次紹介していこうと思います。 1回で紹介するのは難しいので(&話題提供のネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『変動する世界の氷河、海面変動』、『地球温暖化とNPO法人』

[講演]{2007年5月} (講演)『変動する世界の氷河、および地球温暖化と海面変動』     図1.ウプサラ氷河の末端付近(上:1993年11月、下:1999年3月) 1.多くの山岳氷河は後退(縮小)傾向  昨今、世界各地の山岳氷河が激しく後退している実情が報告されている。一例として、南米パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラコル;氷温;パタ;オーギブ;モンゴル;マッキン;アラスカ;キリマ;南極模型;南極温暖化”

スパンティーク峰(カラコルム)登山.  森田富雄(鳥取・久松山岳会)、2008/02/08 、 No.1632  昨(1997)年7月から8月にかけて、労山(日本勤労者山岳連盟)主催で、パキスタン・カラコルムのスパンティーク峰(7027m:写真)の登山を行った。  日本各地の山岳会から集まったメンバー11人の内、50歳台は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『氷河はなぜ青い?』『氷河はなぜ流れる?』『雪は解ける?』

氷河の氷はなぜ青いのか?  氷河を訪れたとき、あるいは氷河のカラー写真をながめたとき、しばしばその鮮やかな青さに魅入られます(写真1:ウプサラ氷河から崩落した氷山)。「氷河の氷はなぜ青い?」は、多くの人が抱く疑問だと思います。                              まず、氷河がどういう時に、どういう所が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルプスの氷河質問;航空測量;融氷;続キリマン;北極氷;Green融解"

No.1593    氷河の質問    三上真穂、 (Date: Sat, 11 Aug 2007)  はじめまして。  私は小学4年生で、夏休みの自由研究で氷河について調べています。  今、スイスのジュネーブの近くに住んでいます。    氷河について質問させてください。 質問1 どうして氷河は青く見えるものと白く見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不都合真実;キリマン氷河;暖冬温暖化

 不都合な真実          成瀬廉二、2007/03/30(Fri)、 No.1553  六本木ヒルズの映画館で”不都合な真実(An Inconvenient Truth)”を観た。「南極、北極や、ヒマラヤ、パタゴニアの氷河の映像は迫力があった」と知人から聞いていたので、是非にと思っていた。  アル・ゴア(Al Gore)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米の旅 (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10) ;氷河洞穴

  “南アメリカの旅 (1)”   2007/02/06、No.1533           [写真]ブラジル側から見たイグアスの滝(2007.1.18)  1967年から40か年の間に計10回訪れた南米パタゴニアの地へ、退職したらゆっくり時間をかけて再訪したいと思っていた。同時に、今まで行きたかったが、氷河調査の前後では日程的な制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイスランドの旅(2006.6)、『シンポ:氷と火山』

No.537 「アイスランドの旅 (前)」 (2006.7.1投稿)    成瀬廉二、2006/07/01(Sat)       [Photo]ゲイシールの間歇泉(2006.6.24)  6月18日から27日までアイスランドへ行ってきました。火山と氷河に関する国際学会(*)出席と会議後の研修旅行に参加するためです。  私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO法人氷河・雪氷圏環境研究舎[定款]

                                (法人設立:2005年12月14日)                       定款 (初版) 第1章 総則 (名称)  第1条 この法人は、特定非営利活動法人 氷河・雪氷圏環境研究舎という。 (事務所) 第2条 この法人は、事務所を鳥取県鳥取市東町2丁目33…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more